フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

MOTO GP

トルコで行われた、MOTO GP第三戦予選結果

レインコンディションの中行われた最終予選のPPは、もう一人のAUSライダー、C,ヴァーミューレン。スズキとしてはPPはいつ以来か・・・・思えばミックドゥーハンが引退した年だったかな~スズキはケニーロバーツで年間優勝してるんだよね。あれ以来い泣かず飛ばず(失礼)で久しぶりのPPです。雨とはいえ、復活の足がかりになれば混戦になり面白くなるのだが・・・・・・。二位はニッキーヘイデン、三位S,ジベルノゥー、四位L、カピロッシ、五位J、ホプキンス。雨に強いブリジストン勢が上位を占め本線の天気が気になるところですが、このままレインコンディションだと混戦で楽しめそうです。ちなみにロッシは十一位、中野は八位、玉やん十三位でした。

2006年4月21日 (金)

自家製ジュース

先日紹介したモスコーミュールにつかうジンジャービアーの作り方です。P6200154_1

材料

ショウガ  150g、 水  1ℓ、 砂糖(あれば中ザラメ) 250g、ライム 2個、 シナモン  1カケ、クローブ  2個

作り方       

沸騰したお湯の中に砂糖を入れ溶けたら火を止め、細かくきざんだショウガと、シナモン、クローブとライムジュース二個分を絞って入れて一晩置いてザルで濾したら出来上がりです。(より正確に作りたい人はライム二個を搾る前にライムのピール(ミドリの皮だけ)を切り取りきざんで入れると香りがより良くなります)。 とっても簡単ですので家で作ってみて下さい。飲む時は、炭酸、水、お湯などお好みにのばしてお酒をいれて飲んでください。焼酎にも合いますよ。

                           

         

2006年4月19日 (水)

ナストロ・アズーロ

P6200189_1 MOTO・GP好きなら聞いたことある名だと思います、そうですヴァレンティーノ・ロッシのスポンサーのビールです。日本ではそれほど人気がなくイタリア料理屋で見かけるぐらいですがイタリアではNO.1ビールなんです。飲み口はとても軽く飲みやすくグビグビいけるのでこれから熱くなる季節にぴったりのビールです。

2006年4月18日 (火)

酒と本

P6200174_3 私、ミステリー好きでして・・・・・・?以前はよく読んでいました。(最近は読む時間がなくほとんど読んでないのですが・・・・・)まあとにかく本の中で酒は良く出てくるアイテムの一つでして、いろいろな使い方をされてます。この小説もそのひとつ。私の好きなラフロイグが事件の謎を解くカギとして使われているのです。少し写真が見にくいのですがディックフランシスの「証拠」です。皐月賞も終わったばかりですが、酒と競馬の好きな人に読んでもらいたい一冊です。酒にまつわる本も少しずつですが紹介していきますので興味がわいたら読んで見てください。ちなみに皐月賞はジャンクから行って撃沈。さてさて次回はがんばります・・・・・・・。

2006年4月15日 (土)

STILL

P6200193_3 この写真のポットスティルが店名の由来です。これはグラッパをつくる単式蒸留器の6分の1のモデルで実際にも使えるようです。いずれ何周年かの時にでも使用したいと思ってます。

2006年4月13日 (木)

モスコーミュール

誰もが知っているカクテル名でいまや居酒屋でさえあるカクテルです。当然私たちバーテンダーは居酒屋と同じものを作るわけもいかないので、各店舗での工夫がありその店の個性のでるカクテルの一つです。どのジンジャーエールを使うか、ジンジャービアーを使ったり、ショウガをすってみたり、ショウガをウォッカにつけたり、などなど・・・・・・この辺を見るのもバーでカクテルを飲む楽しみの一つではないでしょうか?さてSTILLのモスコーミュールはというと、ジンジャービアーを作って出してます。本物のジンジャービアは発酵させて作ると聞いたことがありますが、さすがにそこまでして作れませんのでSTILLでは洋書に載っていた「ホームメイドジンジャービアー」を作って使っております。モスコーミュールもおいしいですが、これですとノンアルコールジュースとしてだせますし、熱くして飲んでもおいしいのです。特に冬場に風邪を引いたときなどはとても体があたたまります。STILLに来た時はぜひ試してみてください。P6200128

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »