フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月15日 (土)

プラム&ジンジャー

Puramu2 Puramu1 たまには違うフルーツでカクテルを作ってみました。

果物屋でプラムが目に入ったので購入。

一度、コンポートにしてから、いろいろ混ぜて見たのですが、以外にアクが強く、うまくまとまらないので、アク消しにショウガを入れてみました。

なかなかのいいコンビですが、チョイト物足らないのでオレンジも。

面白いカクテルができましたよ。

ボウモア

Boumooooa Boumoa

1993年に蒸留所の所有がサントリーになり、何かと話題になっているボウモアです。

賛否両論ありますが、以前に比べよくなってきているように思われます。

ただ、以前のボウモアの特徴であった石鹸のような香りが無くなってしまうとなんだか寂しい気がしてきますね。

さて、ラベルが変わって味も変わったなんて話もありますが、私にはあまり変わりが無いように思われます。

そもそもボウモア社では、味の変化が無いかを見極めるテイスターが10何人いるようで、全員が味や香りに変化が無いかを判断してOKが出るまでボトリングしないいようです。

そんなボウモアを改めて飲んでみるのも面白いですよ。右は全てオロロソ シェリーで熟成させた16年もの。冷却ろ過もしない生のままの数量限定の贅沢なボウモアです。

2007年9月14日 (金)

ピートスモーク

Benn_2 ベンロマック 「ピート・スモーク」開封!

スペイサイドで一番小さな蒸留所のベンロマック。1983年に閉鎖に追い込まれましたが、ボトラーズモルトの販売で有名な老舗!ゴードン&マクファイル社が1992年に所有して、改修を行い1998年に復活しました。

このボトルは2000年蒸留して、バーボン樽(ジャックダニエル)で熟成、2007年瓶詰めした、最近流行の、ヘビーピートタイプのオフィシャルボトル。

総生産数6000本、その中で日本に入ってきたのが300本。その中の1本が当店へやってきました。

因みにピートの強さは、フェノール値 55PPM、ラフロイグ、ラガバーリンよりも強くかなり刺激的です。

ついでに他のヘビーピートも飲み比べるのも面白いですよ。

ロングロウ ガイヤ・バローロカスク 6Y 56.6%、

ベンリアック1994 12Y 58・1、

クロフテンギア 5Y などですよ。

2007年9月 8日 (土)

夏の名残に・・・・

Aotouu Aotouu2今年から、黒板にオススメカクテルを書くようにしたところ、カクテルが良く出るようになりました。

ウイスキーもいいですが、作ったものを「おいしい!」と言って飲んでくださる事ほど嬉しいことはなく、調子に乗りたくさん作ってみました。

季節的にフローズンカクテルが良く出て、中でも、アンズ、もも、チョコミントなどが特に評判がよかったですね。

フローズンカクテルを作るのもこれからの季節、減ってゆくと思うので、夏の名残にフローズンカクテルをもう一つ。

「青唐辛子のフローズンカクテル」です。かなり辛いです。

2007年9月 6日 (木)

台風だ!

大型台風が東京に上陸!

どーも台風上陸と聞くとワクワクしてしまいまして・・・・・・・

なーんて、のんきな事言ってられないぐらい今日は暇な一日になりそうです。

さてさて・・・・・・・・。

2007年9月 1日 (土)

ありがとうございます。

P6200192 おかげさまで本日、四周年を迎える事ができました。

今年は、特に告知もしませんでしたし、土曜日ということもあり静かな四周年となりそうですが、区切りというのはなんとも感慨深く、先程、カウンターを拭いているとなんとも幸せな気分になりました。

バーテンダーという仕事は、お客様と最も近く接する仕事の一つだけに、お客様のありがたさ、大切さをとても身近に感じながら働く事ができる、とても幸せな仕事です。

独立して四年、そのような素敵な仕事を続けさせて頂きありがとうございます。これからもお客様が安心の出来る、落ち着いた店としてやってゆきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

                        

                      Bar  STILL     小林康雄

                        

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »