フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 山崎12年 | トップページ | 枝豆 »

2007年10月16日 (火)

スプリングバンク・ビンテージ1997

Sbannku Sbanku2 限定のスプリングバンク開封!

ビンテージ1997です。

オフィシャルのと同じ10年で、何が違うのか?

まずは一番の売りが「チャー」と呼ばれる工程です。

この工程は、樽の内側を焼いて焦がす事により熟成度がさらに増す為に行います。

(しかし・・・・・・・・、私は本来この工程は樽詰めする時には、通常行われる作業と思っていたので??????????勉強不足ですみません・・・・・、今度調べておきます。)

後違うのはシェリー樽使用で当然、加水もカラーリングも行われずのボトリングです。

巷の評判もよく、ネットで探したらもう全てが完売しておりました。

どこかで見かけたら、飲むのをオススメします。

« 山崎12年 | トップページ | 枝豆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/8444142

この記事へのトラックバック一覧です: スプリングバンク・ビンテージ1997:

« 山崎12年 | トップページ | 枝豆 »