フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

新年おめでとうございます!

2008nezu_2 あけましておめでとうございます!

なーんて、実はまだ31日なのですが、チョイト用事がありまして、アップできないので少し勇み足させていただいて、オ・メ・デ・トー・ゴ・ザ・イ・マース!

さて、今年の年賀状、いつもに増して気に入っております。

しかし、あれって思った方も多いのでは?

「ねずみ年なのに、何でネコが?」、「ねずみがいないぞ!」なーんて思った方もいるかもしれませんが、2008年の一発目のブログはそんな説明から始めますね。

バーですとカクテルはもちろんウイスキーもたくさん取り揃えているところが多く、「 STILL 」でもそれなりにおいております。

そんなウイスキーを作る蒸留所では、原料の麦を食べてしまう困った輩がいるのです・・・・・・・。

もう気づきましたか?そうネズミはウイスキー作りでは天敵なんです。

そんな事に舷を担いで、ネズミではなくネズミを彷彿させるネコにしてみました。

といってもこのアイディアは私でなく、いつもお世話になっているデザイナーさんなんですが、この場を借りてお礼を、ありがとうございます。

さて、少々長いですがついでにネズミとネコの話。

以前はどこの蒸留所でもネズミを捕まえる、ネコがいまして、その名も「 ウイスキー・キャット 」と」呼ばれていました。

そんなウイスキー・キャットの中でギネスブックにも載ったねこがいたんです。

その名も「 タウザー 」。

グレンタレット蒸留所で飼われていたネコで28、899匹のネズミを捕まえた事でも有名で、しかも誕生日がエリザベス二世と同じで、蒸留所の人がタウザー名義でバースデーカードを送ったところ23歳(人に換算すると161歳)の誕生日に「Glenturret10y 161歳の誕生日おめでとう」返事が送られたことでも有名になりました。

残念なことに、女王からカードが送られた年に永眠したのですが、その時も地元の新聞にでかでかと掲載されるほど皆に愛される猫でした。

今年はこんな「タウザー」のように長く愛される店作りをしてゆこうと、新年の抱負をもって頑張って行きますので、本年もよろしくお願いいたします。

なお、2008年は4日から営業しておりますので、赤坂で仕事の方、家で飲む酒に飽きた方、などなどお待ちしております。

では少し早いですが、本年もよろしくお願いいたします。

今年もお世話になりました。

Still_2 おかげさまで、28日で2007年の営業を無事終えることができました。

小さな店の良さで、お客様との距離が近いので、お客様のお気づかい、優しさ、ありがたさが直接伝わってくるのが、私としてはバーテンダーという本当に楽しい仕事をさせていただいていることを感謝いたします。

今年もいろいろありましたが、こうして暮れにのんびりとブログを書けることにも感謝。

来年は、ねずみで一番最初の干支の年です。

オープンした四年前を思い出し、初心に帰り頑張って行こうと思っておりますので、2008年もよろしくお願いいたします。

今年のお正月は寒波がやってくるとかで寒くなるようですので、風邪など引かぬようお体にお気をつけ下さい。

最後に改めて「今年もお世話になりました!ありがとうございます。」

では皆さん、良いお年を!

2007年12月25日 (火)

メリークリスマス!

20071222031639_2

2007年12月21日 (金)

小瓶

Shiroppu お店に来る途中、買い物ついでにウロウロしていると、ハーブオイルに使う小瓶を発見。

何かに使えないかと考えても思いつかなかったのですが、なんとなく購入。

店に来て何かないかと探るとボトルに少し残ったグレナデンシロップとカリンのシロップがあったので入れてみました。

カクテルが少し実験っぽくなる感じがして気にに入ってます。

Yuzuuu ところで明日は冬至。

ユズを使ったカクテルなどいかがでしょうか?

ユズを生かしてフィズもいいですが、カリンのシロップと合わせても美味しいですよ。

2007年12月19日 (水)

「スモーキー」&「ピーティー」

Uisu_2 サントリーさんの小冊子「ウイスキーヴォイス」に興味深い記事が載っておりましたので抜粋!

チーフブレンダーの輿水氏の記事で「スモーキとピーティーの違いは?」というところ。

そういえば私自身あまり意識せず使っていたところもありましたが、わかりやすい説明でしたのでまとめてみました。

「ピーテッドモルト」は麦芽を乾燥するときにピートを炊き込んで乾燥させるのですが、このモルトを原料にしたウイスキーの特徴的な薫香が「スモーキー」というようです。

さらに「スモーキー」は、「ピーティー」、「メディシナル」、「ハーシュ」、の三つの香りに分類できます。

「ピーティー」 は、スモーキーの中で特に良い香りで、ピートを焚いた時の燻製のような芳しい香りをあらわします。

次に 「メディシナル」 は、ピートに含まれるフェノールなどの成分に由来する薬品を思わせる香り、いわゆるアイラの特徴的なヨード臭などをさすと考えて良いのかと思います。

最後が「ハーシュ」 、「ざらざらした香り」の意味で、ネガティブな意味で使います。

まとめると、「スモーキー」という言葉はピート由来する香りの総称で、その中で燻製を思わせるような香りを「ピーティー」と呼ぶようです。

勉強になりました、「ウイスキーヴォイス」さん、また楽しい記事がありましたら、抜粋してみます。

2007年12月18日 (火)

ホットビール

今年もホットビールの季節が?やってきました。

「 リーフマン グリュークリーク 」。Hot

ホットビールと言われても、ピンとこないかも知れませんが、ホットなんです。

いわゆる、日本酒で言うお燗ってやつでして、これがなかなか。

チェリーの味のビールに、アニス、シナモン、クローブを加えたビールを火にかけて50~60度に暖めて飲みます。

もともとは醸造所の人たちが仕事をする前に体を暖める為に作っていたとか。

それとベルギーでは、お店によって好みのハーブなどを入れて、オリジナルのホットビールを作っているところも多いとか言う話もどこかの本で読んだような・・・・・・・・真偽は確かではありませんが、一度お試しください。

そうそう、今回に限りラベル不良のボトルに付き格安にてご提供です。

微妙な味わいを一度お試しください。

2007年12月17日 (月)

ホット塩キャラメル?

Shio 先日、塩キャラメルなるキャラメルを食べまして、そのまんまカクテルにしてみました。

材料は、牛乳、キャラメル、塩、リキュールです。

少し甘めですが、さむ~い日などにいかがでしょうか?

2007年12月15日 (土)

ブルイックラディ・クラシック

アイレイ・モルトの入荷です。

最近はすっかり人気が定着し、三人に一人はアイラ党ではと言われるほどの人気のアイテム。

Buruiku1 しかも、より強い癖を求めてなのか、ヘビーピートも最近のブームになってます。

この、ブルイックラディ蒸留所でも「オクトモア」「ポートシャーロット」などのヘビーピートタイプが人気ですが、このボトルはそんな時流に逆らっての1本です。

他のアイレイモルトと違い、

「穏やかなピートと共に感じられる原酒本来の繊細な味わい」

これが本来のブルイックラディ蒸留所の特徴であり、そのクラッシクスタイルを復活させたのがこの商品です。

終売になった10年と比べて、明らかに色が濃くなっています。

香りもドライで洋ナシや柑橘系の香りの中に、ピートが現れていた10年に比べ、樽の香りとハチミツのような甘みが広がり、その中に優しくピートの香が漂っている感じ。

味わいのほうも口の中に麦のような甘みが心地よくひろがり、とてもなめらかで熟成感が増したように思えます。

個人的には10年ものよりは好みです。

一度お試しください。

2007年12月12日 (水)

チェラーダ

メキシコに旅行に行ってきたお客様から「チェラーダってカクテル知ってる?」と言われ、恥ずかしながら答えられなかったので早速検索。

まだまだ知らないカクテルがたくさんありますね。

さて、その「チェラーダ」ですが、メキシコではかなりポピュラーな飲み物のようで、レシピはというと。

ビールにレモンまたはライムを搾ったもので、塩でスノースタイルにした氷入りのグラスに入れて出来上がり、というものでした。

Chera お客様の話によると、少し甘いお店もあったと言っていたので、店によって弱冠の違いはあれど大体がこんな感じのようです。

写真は少し酸味を利かせたレモネード1に対してビール3を割って作ってみました。

いやぁ~、かなりサワヤカ。

来年の夏は「チェラーダ」をバシバシ作りますのでお試しください。

ちなみにこのカクテルにチリを入れると「ミチェラーダ」というカクテルになるようです。

Cherada 最後に、M さん勉強になりました。

ありがとう!

2007年12月11日 (火)

カリン

Karinnn 以前砂糖に漬けておいたカリンからかなり水分が抜け出てきたのでカクテルが作れるようになりました。

オレンジとの相性がいいですが、キンカンと会せても美味しいですよ。

きんかんはカリンとともに喉に効くと言われてますので、風邪気味の方にお勧めです。

2007年12月10日 (月)

ロイヤルロッホナガー12Y

久しぶりのオフィシャルボトル、「ロイヤルロッホナガー」の入荷です。

Rrohho いわゆる「ロイヤルワラント」(日本で言う宮内庁御用達)と言われ、全蒸留所の中で「ロイヤル」の名を付けることを許された数少ないウイスキーの一つとしても有名なのが、この「ロイヤルロッホナガー」です。

当然味のほうもその名に恥じない味わいで、柑橘系の香りと、ピートの香りがバランス良く混ざり合い、味わいも心地よい甘みが口の中で深く残り、飲み応えのある名品です。

1848年、この蒸留所の近くのバルモラル城をヴィクトリア女王が買い夏の離宮にしたとき、蒸留所の人が女王に手紙を書いたところ、突然女王が訪問しました。

このウイスキーをすっかり気に入った女王は、数日後に「王室御用達」を意味する許しを与えたました。

ヴィクトリア女王のこのウイスキーにまつわる話がもう一つあり、女王は高級なクラレットにこのウイスキーを数滴落として飲んでいたことでも有名です。

最後に「ロイヤル」の名を付ける事を許された残りの二つは「ロイヤルブラックラ」と「グレンユーリーロイヤル」の二つのみ。

「グレンユーリーロイヤル」はすでに閉鎖してしまっているので実質は二つだけになっております。

2007年12月 8日 (土)

クリスマスビール

もう12月も半分ちょっと、クリスマスもだんだんと近づいてきましたが、そんな時にぴったりのビールが入荷しました。

Biru_3 キリストさんの生まれたシーンがとても可愛らしいラベルのベルギービール、「 レガル クリスマス 」です。

焙煎したモルトにアニス、カンゾウ、コリアンダー、オレンジピール、などハーブを加えた、しっかりとした飲みごたえのビールです。

さー、もうすぐクリスマス!

私にはまったく縁がありませんが、皆様お楽しみください・・・・・・・・・・・・・・・

2007年12月 5日 (水)

洋ナシ

昨日出来上がった、洋ナシのコンポートでカクテルを一つ。

Younashig 洋ナシとグレープフルーツのカクテルです。

ジュースのようにの飲みやすいです。

2007年12月 4日 (火)

ふーん・・・・・

Chokooo Sumo 昨日、少し忙しかったかと思うと、今日は出だしがどーもいまいちですっかりヒマしております。

クサルのもナンなんで、仕込み仕込み!

昨日作った生チョコレートにココアをまぶして仕上げ!

今回は、アードベッグですよ。Nashiii

お次は、酔うな死・・・・・でなくて洋ナシのシロップ煮。

何故か、昨日はカクテルが良く出る日でした。

小さめの洋ナシ四つを四等分に切り芯を取ってレモンを入れた水につけておきます(色が変わらないように)。

水500ccに、砂糖250g、レモン半分を洋ナシとともに、鍋に入れて弱火でじっくり。

アクを取るのを忘れずに、現在進行形。

Nabama

最後の写真は菜の花。

何故かこの時期売っていまして・・・・・・・・、季節はずれですが綺麗だったので買ってみました。

今日のお通しの一つです。

2007年12月 1日 (土)

MOTO GP

早いもので今日から12月、あと一月を残すのみ、最後のスパートで頑張りましょう!

さて、話はそれますが、MOTO GPの世界では、もう、来年に向けて動き出し、新しいチーム体制で二回目のテストが ヘレス で行われました。

とにかく嬉しいのが、日本人ライダーの中野真矢選手がブリジストン勢でなんと最速!

来年はかなり見ごたえのあるMOTO GPになりそうでかなり楽しみです。

因みにテストの結果は

1 D・ペドロサ

2 N・ヘイデン

3 J・ロレンソ

4 A・ドヴィチオーソ

5 中野真矢

で、ロッシは怪我の為か11位でした。

3,4位にステップアップしてきたロレンソ、ドヴィチオーソ、が入っているところから来年も新しい世代が上位を占め世代交代に拍車が掛かるかが見所かな?

私としては、やはりロッシに頑張ってもらいたいのですが、さらに中野選手に期待したいです。

それと、残念ながら、今年でMOTO GPを離れた玉田選手もSBKに決定するもようです。

来年から、フルワークスになるカワサキからPSG-1からフル参戦する模様です。

こちらも楽しみです。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »