フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

フィリップアイランド 合同テスト 初日

1 5 コーリン・エドワーズ USA YZR-M1 1分29秒566
(77周)
1分29秒566
2 1 ケーシー・ストーナー AUS ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ
GP8
1分30秒178
(73周)
1分30秒178
3 15 アレックス・デ・
アンジェリス
RSM ホンダ・グレッシーニ RC212V 1分30秒688
(70周)
1分30秒688
4 4 アンドレア・
ドヴィツィオーゾ
ITA JiR・チーム・スコット RC212V 1分30秒701
(79周)
1分30秒701
5 52 ジェームス・トーズランド GBR ヤマハ・Tech3 YZR-M1 1分30秒864
(81周)
1分30秒864
6 33 マルコ・メランドリ ITA ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ
GP8
1分30秒869
(99周)
1分30秒869
7 56 中野真矢 JPN ホンダ・グレッシーニ RC212V 1分31秒111
(91周)
1分31秒111
8 69 ニッキー・ヘイデン USA レプソル・ホンダ・チーム RC212V 1分31秒226
(107周)
1分31秒226
9 65 ロリス・カピロッシ ITA リズラ・スズキ・MotoGP GSV-R 1分31秒274
(82周)
1分31秒274
10 7 クリス・バーミューレン AUS リズラ・スズキ・MotoGP GSV-R 1分31秒317
(99周)
1分31秒317
11 14 ランディ・ド・プニエ FRA ホンダ・LCR RC212V 1分31秒436
(103周)
1分31秒436
12 21 ジョン・ホプキンス USA カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 1分31秒623
(88周)
1分31秒623
13 13 アンソニー・ウエスト AUS カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 1分31秒786
(72周)
1分31秒786
14 50 シルバン・ギントーリ FRA アリーチェ・チーム デスモセディチ
GP8
1分32秒484
(68周)
15 24 トニ・エリアス SPA アリーチェ・チーム
最新ニュースに戻る

スモークメモ 2008の1

Sm久しぶりのスモークメモ。

以前もベーコンの仕込みだけをして気がついたら、スモークせずに、塩豚になってました。

今度はきっちりとスモークします。

さて、以前からやりたかったビーフジャーキーです。

水 1000ccに100gの塩と、ザラメ大匙2杯を溶かして、野菜くずにローレル、ニンニク1カケ、醤油30cc、しょうがジュース少し。

これれらを一度沸騰させて冷ましてから肉を漬け込みました。

もも肉を買って来たら、しゃぶしゃぶ用でかなり薄めですがとりあえず初めてなので強行。

さて、さてどうなりますかねぇ~。

2008年1月28日 (月)

コテージパイ

サボっていた訳ではありませんが、久しぶりにコテージパイを作りました。

タイムで香り付けし炒めた牛肉の上に、マッシュポテトをのせてオーブンへ。

あっつ熱でお召し上がりください。

Kooooooo

2008年1月26日 (土)

MOTO GP セパン三日目

1. Hayden Repsol HRC 2:00.326 77
2. Stoner Ducati Marlboro 2:00.660 27
3. Lorenzo Fiat Yamaha 2:00.766 63
4. Edwards Yamaha Tech3 2:01.179 34
5. Hopkins Kawasaki Racing 2:01.198 42
6. Rossi Fiat Yamaha 2:01.425 48
7. Dovizioso Jir Team Scot 2:01.447 51
8. Toseland Yamaha Tech3 2:01.745 45
9. Vermeulen Rizla Suzuki 2:01.748 70
10. Capirossi Rizla Suzuki 2:01.778 62
11. De Puniet LCR Honda 2:01.873 56
12. Nakano Honda Gresini 2:02.032 38
13. De Angelis Honda Gresini 2:02.198 37
14. Melandri Ducati Marlboro 2:02.725 58
15. West Kawasaki Racing 2:02.978 39
16. Elias Alice Team 2:02.995 67
17. Jacque Kawasaki Racing 2:03.030 40
18. Guintoli Alice Team 2:03.628 39
19. Canepa Ducati Test 2:03.703 49
20. Serizawa Kawasaki Racing 2:04.354 27

昨年調子を落としたホンダの本領が発揮してきた模様です。

最速ラップは、一昨年のチャンピオンのニッキー、二番手に昨年のチャンピオンのストナー。

ストナーは骨折明けで、マシンもトラブルを抱えていながら、最後にしっかりと上位に持ってくるところがさすがチャンピオン!やはり、この人を中心に今年もレースが運ばれるでしょうか?

三位にその前年のチャンピオンだと面白かったのですが、ロッシのチームメイトのロレンソでロッシは6位、これから挽回していってくれると面白くなりますね。

次は30日のオーストラリアでのテスト、だんだんと力加減がわかってくると思います、本線が楽しみですね。

2008年1月25日 (金)

ホット・チョココア

Hotchoko 相変わらず寒い日が続きますね。

昨日は、都心でも一番の寒さを記録したようで、バイクで通っている私としては厳しい寒さです。

しかも昨日は帰宅途中、清掃の為にまいている水が凍っているところがあり、危うくコケルところでした。

寒い日は、のんびりとスピードを出さずに走るのが、一番ですね。

さてさて、寒いのでまたまたホットカクテルです。

「ホット チョココア」です。

チョコレートシロップにココア、ベイリーズをお湯で割りました。

とっても温まりますし、ごくごく飲めてしまいます。

2008年1月24日 (木)

moto gp セパン2日目

1) ランディ・ド・プニエ FRA ホンダ・LCR RC212V 2分01秒139(63周)
2) コーリン・エドワーズ USA ヤマハ・Tech3 YZR-M1 2分01秒327(46周)
3) バレンティーノ・ロッシ ITA フィアット・ヤマハ・チーム YZR-M1 2分01秒437(60周)
4) ホルヘ・ロレンソ SPA フィアット・ヤマハ・チーム YZR-M1 2分01秒583(54周)
5) ケーシー・ストーナー AUS ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ GP8 2分01秒638(34周)
6) ジョン・ホプキンス USA カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分01秒874(50周)
7) ロリス・カピロッシ ITA リズラ・スズキ・MotoGP GSV-R 2分01秒917(59周)
8) アンドレア・ドヴィツィオーゾ ITA JiR・チーム・スコット RC212V 2分02秒006(54周)
9) 中野真矢 JPN ホンダ・グレッシーニ RC212V 2分02秒095(54周)
10) ニッキー・ヘイデン USA レプソル・ホンダ・チーム RC212V 2分02秒102(66周)
11) ジェームス・トーズランド GBR ヤマハ・Tech3 YZR-M1 2分02秒276(59周)
12) クリス・バーミューレン AUS リズラ・スズキ・MotoGP GSV-R 2分02秒371(44周)
13) アンソニー・ウエスト AUS カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分02秒579(59周)
14) アレックス・デ・アンジェリス RSM ホンダ・グレッシーニ RC212V 2分02秒914(41周)
15) トニ・エリアス SPA アリーチェ・チーム デスモセディチ GP8 2分03秒311(57周)
16) マルコ・メランドリ ITA ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ GP8 2分03秒380(46周)
17) オリビエ・ジャック FRA カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分03秒462(36周)
18) シルバン・ギントーリ FRA アリーチェ・チーム デスモセディチ GP8 2分04秒217(37周)
19) 芹沢太麻樹 JPN カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分04秒382(49周)
20) ニッコロ・カネパ ITA ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ GP8 2分04秒427(47周)
-) ダニ・ペドロサ SPA レプソル・ホンダ・チーム RC212V -分-秒-(-周)

2日目もド・プニエがトップタイム、今年一番の台風の目となるか楽しみです。

ヤマハの三台が2,3,4、位に付け調子をあげてきていますが、3位と4位の差が0、151秒、同じチームでブリジストンとミシュランを履き分ける二台の差が離れていないところが、今後どのように変わってゆくか見所になりそうです。

まだまだ、始まったばかりですが今後につながるテストになっているようですね。

さてさて、明日はどうなっていますでしょうか?楽しみ楽しみ!

2008年1月23日 (水)

2008 MOTO GP

マレーシアのセパン・サーキットで、MOTO GPの合同テストが行われました。

各チーム新型エンジン、新型シャーシーをテストしながら、今年の感触をえていたようで、3月9日のカタールでの開幕に向け2008年のMOTO GPが本格的にスタートしました。

まずは初日のラップタイム。

1) ランディ・ド・プニエ FRA ホンダ・LCR RC212V 2分01秒377(68周)
2) ダニ・ペドロサ SPA レプソル・ホンダ・チーム RC212V 2分01秒864(47周)
3) クリス・バーミューレン AUS リズラ・スズキ・MotoGP GSV-R 2分02秒074(57周)
4) ロリス・カピロッシ ITA リズラ・スズキ・MotoGP GSV-R 2分02秒416(61周)
5) ケーシー・ストーナー AUS ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ GP8 2分02秒457(36周)
6) バレンティーノ・ロッシ ITA フィアット・ヤマハ・チーム YZR-M1 2分02秒490(44周)
7) コーリン・エドワーズ USA ヤマハ・Tech3 YZR-M1 2分02秒549(29周)
8) ニッキー・ヘイデン USA レプソル・ホンダ・チーム RC212V 2分02秒558(85周)
9) ホルヘ・ロレンソ SPA フィアット・ヤマハ・チーム YZR-M1 2分02秒563(43周)
10) 中野真矢 JPN ホンダ・グレッシーニ RC212V 2分02秒622(63周)
11) ジョン・ホプキンス USA カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分02秒628(62周)
12) アンドレア・ドヴィツィオーゾ ITA JiR・チーム・スコット RC212V 2分02秒783(52周)
13) ジェームス・トーズランド GBR ヤマハ・Tech3 YZR-M1 2分03秒264(45周)
14) アレックス・デ・アンジェリス RSM ホンダ・グレッシーニ RC212V 2分03秒301(47周)
15) アンソニー・ウエスト AUS カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分03秒387(51周)
16) オリビエ・ジャック FRA カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分03秒863(53周)
17) トニ・エリアス SPA アリーチェ・チーム デスモセディチ GP7 2分03秒954(55周)
18) マルコ・メランドリ ITA ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ GP8 2分04秒414(52周)
19) ニッコロ・カネパ ITA ドゥカティ・マルボロ・チーム デスモセディチ GP8 2分05秒580(48周)
20) シルバン・ギントーリ FRA アリーチェ・チーム デスモセディチ GP8 2分06秒000(36周)
21)  JPN カワサキ・レーシング・チーム ZX-RR 2分23秒590(6周)

 昨年もこのテストでトップタイムをだした、ド・プニエがトップ。

カワサキ&ブリジストンの組み合わせから、ホンダ&ミシュランに変わってもトップなのは、よほどコース適正が良いのか、去年不調に終わったホンダの調子があがり、やはりブリジストンに後れを取ったミシュランが巻き返したのか、今後のド・ピニエが楽しみです。

二番手はペドロサ。

やはりホンダ&ミシュラン、ホンダの調子は確実によくなっているようですが、残念ながらテスト中に転倒、右手を骨折し、ペドロサは初日でテスト中止と残念な結果。

3位、4位はスズキの二台。

去年に引き続き安定した走りを見せてくれそうです。

5位は去年の覇者K・ストーナー。

電気系統のトラブルに見舞われるも上位にいるのは、今年も中心人物になるようです。

6位はロッシ。

この人がいないと盛り上がりません、ミシュランからブリジストンに変わり今年はもりあがりそうです。

10位に唯一の日本人中野真矢。

加藤大二郎もいたチーム・グレッシーニからホンダ&ブリジストンで参加。

相性の良かったブリジストンに代わり、マシンもよくなり日本人として一番の期待です。

まだまだ、テストが始まったばかりですが、2008年のMOTO GPの開幕が楽しみです。

2008年1月22日 (火)

立春朝搾り

Sawanoi_2 寒いです、相変わらず寒い日が続きますがそれもそのはず、今日は暦の上では「 大寒 」だそうです。

しかし、大寒も過ぎれば暦では立春、まだまだ寒い日は続きますが、梅の花も咲き出したりと、春の気配はそこまで来ているようです。

そんな立春の日、二月四日に珍しいお酒が届きます。

「澤の井  立春朝搾り」です。

「バーなのに日本酒?」と思われる方もいるかも知れませんが、チョイト珍しいので注文してみました。

どんなお酒かというと、通常日本酒は、お酒ができてからは、ボトリング、ラベル貼り、箱詰め、輸送、いろいろな過程を通し、何日もしてから酒屋に並び、私達が購入するのですが、このお酒は搾ったその日に、手元に届きます。

ウイスキーなど蒸留酒と違い度数の低い日本酒は、瓶詰めしてからは劣化していくばかりです。

そんな日本酒が出来上がり、搾ったばかりの、一番美味しい状態で届くのです。

私も初めて飲むので、かなり楽しみにしております。

日本酒好きな方、ご興味のある方は、2月4日の立春の日にお待ちしております。

なかなか、できない経験をお楽しみください。

P,S

少し不安なのがオープンする六時まで届くのかが不安ですが、雪でも降らないことを祈ります。

2008年1月18日 (金)

ロッホローモンド

Rohho ローランド地方の国境近く、南ハイランドに位置するスコットランド最大の湖の近くにあるロッホローモンド蒸留所のオフィシャルボトル5種類が入荷!

まずは「インチマリン 2001」Innchima

「濡れたダンボールの香り」とすばらしい賛辞?をあたえられた1本、はっきりと好き嫌いが分かれるボトルですが一度は飲んでおきたい名品です。

お次は、かすかなピート香に麦の甘み、徐々に熟したグレープフルーツの香りに変わってくる穏やかな「グレンダグラス 2001」Gurennda

ピートのフェノール値が20PPMでピートを効かせ、グレンダグラスより甘みとふくよかさを兼ね備えた「インチモーン 2001」。Innchimo

同じくピートフェノール値20PPMの曲者ながら切れのよさが心地よく、オイリーなグレープフルーツの香りを持った「クレイグロッヂ 2001」Kureigu

最後はピートフェノール値40ppmのツワモノ、ある蒸留所のブレンダーに、「こっ、これはすごい!考えられないバランスだね」とすばらしい褒め言葉を?送られたと言う噂の「クロフテンギア 1997」。Kurofutenn

バランスをまったく考えて作っていないとも、親しみをこめた悪口を言われるものもありますが、この五本の面白いところは、同じ蒸留所で同じものを使いながら、まったく違うものが出来上がっている面白さです。

ピートの少ないインチマリンからグレンダグラス、クレイグロッヂ、インチモーン、最後にクロフテンギアとこの順番で飲み比べると楽しいですよ。

一杯ずつだとキツイので、全てハーフで飲み比べるのをオススメします。

2008年1月17日 (木)

ホットカクテル

寒いです、とにかく寒いのです。

自分が変温動物になってしまうのではないかと思うほど動きが鈍っております・・・・。

当然ですが、そんな事も言ってられないので、今日も頑張って営業いたします。

そんな寒い日にぴったりのカクテル!

ホットカクテルをいくつかご紹介しますので、是非とも温まりに来てください。

まずは定番からカクテルから。

・ ホット ウイスキー トゥディ   

     ウイスキーにレモン、クローブ、好みで砂糖を加えてお湯で割ります。

     ラムなども相性抜群

・ ホット バタードラム

     ラムのお湯割りにバターを加え好みでお砂糖を、芯から温まる感じです。

・ ホットワイン

     赤ワインにクローブ、シナモン、レモン、お砂糖を入れて!

などなど、定番もいいですが、「 STILL 」のオリジナル・カクテルもどうでしょう!

・ ホット スパイシー ジンジャー

    自家製 ジンジャージュースにライムとシロックウォッカでポカポカです。P6200155_2

・ オレンジと自家製カリンシロップのホットカクテル

・ ボウモアとラプサンスーチョンのホットカクテル

・ カシスとバラの花の紅茶のホットカクテル

・ ホット 塩キャラメルShio

などなど、ほかにも定番から怪しいモノまで取り揃えておりますよ。

最後にオススメを。

・ リーフマン・グリュークリーク

    ベルギーで作られるホットビールです。

    チェリーの風味のビールを日本酒の熱燗ぐらいの温度でお召し上がりください。Hot

ではでは!風邪などにお気をつけ下さいね。

2008年1月16日 (水)

日本コニャック協会

Cog昨日、店に来ると、カウンターの上に一冊の小冊子が置いてありました。

どうやら、酒屋さんが置いていったようで、「Le Cognac」という冊子でした。

この本は、日本コニャック協会というところが発行しており、以下のような趣旨で発足されたようです。

「日本コニャック協会は、わが国におけるコニャックに携わる人々の資質の向上とコニャックを中心とした飲料に関する知識の普及、サービス技術の向上、食品衛 生の推進、飲食を提供する環境の衛生的確保などに関する事業を行います。これらの事業を通じて、人々に食文化の向上および豊かな食生活を提供し、飲食店の 健全経営の振興に寄与するとともにコニャックに携わる人々の社会的向上を図り広く人間社会の福祉と公衆衛生の向上に貢献する事を目的として2007年7月 14日に設立されました。」

こう読むと少し硬い気もしますが、冊子を読むとなかなか面白く、第一号は「プロプリエテール」と呼ばれる、ウイスキーでのシングルモルトと同じ意味にあたる言葉の説明と希少さ、コニャックの説明、商品の紹介、テイステイングコメントとなかなか読みがいのある冊子でした。

できたばかりなので、今年の7月までは会員費も無料なので、興味のある方は登録してみては?

http://cognac-jp.org/

アドレスはこちらですよ!

人生仮免許

連休の日の朝日新聞に作家の山口瞳さんの記事が載っておりました。

山口瞳さんと言えば、お酒のエッセイなどが特に私の印象に残っており、私と同世代の40歳以上の人には、お正月と成人式の頃に新聞に載るエッセイを楽しみにしていた人たちも多かったかと思います。

そんな、新成人に向けたエッセイが一緒に載っていたので抜粋してみました。

「人生仮免許」

二十歳の諸君!今日から酒が飲めるようになったと思ったら大間違いだ。

諸君は、今日から酒を飲むことについて勉強する資格を得ただけなのだ。

仮免許なのだ。

最初に、陰気な酒飲みになるなと言っておく。

(残念ながら中略)

諸君は、いつでも、試されているのだ。

ところで、かく言う私自身であるが、実は、いまだに、仮免許がとれないのだ。

諸君!この人生、大変なんだ。

やはりお酒の道は厳しいようで、山口瞳さんがまだ仮免許なら、私などまだ第一段階もクリヤしてないですね。

これからも良いお酒を呑めるように酒道に励みますので、皆様これからもよろしくです。

2008年1月10日 (木)

ザクロのシロップ

Zakuro グレナデンシロップが、年末に売切れてしまってので、またまた作ってみました。

面白いのですが、黒板に「グレナデンシロップ」と書くとあまり出ないのですが、「ザクロのシロップ」と書くと、「グレナデン」より「ザクロ」のほうが馴染みやすい為か良く出るのです。

やはりメニューや黒板に書く時は、わかりやすく書かないと不親切なようですね。

さて、もう一つのボトルはリンゴジュースを作ってみました。

ジン、ウォッカ、ラム、いろいろ試してみましたが、やはりカルバドスとの相性が一番でした。

ここはひねらずに単純に、カルバドス、ジュース、レモン、好みで炭酸入れて飲んでみてください。

グビリ、グビリ、グビリなカクテルです。

2008年1月 9日 (水)

カリラ アンピーテッド

最近は「ピート・フリーク」なる言葉ができるくらいにアイラ党、ヘービーピートが人気ですが、たまには逆側のウイスキーでも試してみませんか。

Karira2 「 カリラ 8Y アンピーテッド 」です。

名前どおりですが、ピートをまったく焚かないカリラです、

ピートを焚いていないのですが、最初に香りをかいだ時に感じたのは「 土 」の匂いが頭をよぎりました。

その後にアルコールの強さ、度数を確認してみると、64.9%・・・・・・・・・そりゃ~キツイわなって度数ですが、そんなキツイ香りも最初だけで、枯れ草が柑橘系の甘い香りに変わって行きました。

飲みくちも口に甘みが広がり、アンズ、ドライフルーツのアンズの甘みが目立ちますがつい、ヨードっぽさを探してしまうのですが、12Yのカリラのようなアイラっぽさは感じられません。

加水すると、オイリーになり香りも復活、度数が高いせいか、加水したほうが個人的には好みです。

Karira1 12yと飲みくらべると、ピートが与える影響がどれだけ強いかわかりかなり楽しい1本です。

2008年1月 5日 (土)

PC6

ブルイックラディイ蒸留所から新商品の入荷です。

Pc 「ポートシャロット PC6」です。

ブルイックラディイのヘビーピートタイプで、去年の5年もののPC5に続く商品です。

PC5はスティルでは入れなかったのですが、たまに行くバーで飲んだところ、ピートが強すぎてかなり疲れた覚えがありました。

当然、ピートは強いのですがすこーし優しくなったような・・・・・、あくまでも少しですが。

強烈なピート香の後に特有の薬品臭さ、口に含むと甘みが感じられ、かすかなセメダインののような匂いがありますが、よくない匂いはすぐに消えて、徐々に深い甘みが広がり、6年熟成とは思えぬ味わいです。

ヘビーピートタイプはピートが荒さを隠してしまうのか、若くても味わいが深いものが多い気がしますね。

しかし、加水すると若いウイスキー特有の青臭さが出てますので、これは加水せずに飲むほうが美味しいかな?

アイラ好き、ヘビーピート好きにぜひとも飲んでもらいたい1本です。

ところで、この商品はボトルの缶のデザインが面白く、蒸留所の人たちが描かれていてとても面白いです。

Pc6 

Bruichladdichpc6                                               しまりのない、「 オーシャンズ11 」のようですが、蒸留所の人たちの人柄が伝わってくるようです。

最近はスーパーなどで野菜を買うときに生産者の写真が貼ってあったりしますが、あれと同じような感じですかねぇ・・・・・。

因みにボトル缶は全部で六種類あるようで、マニアの人は6本買う人も出てきてしまうのではないかと、商売主義に走ってるのでは?と海の向こうで議論も呼んでいるようですよ。

まぁ、そんな事は別としてお試しくださいませ!

1月5日

年始の5日でしかも土曜日、さすがにド暇ですね。

まあ、もともとは休もうかと思っていたのですが、棚卸しをするのを忘れてまして、急遽出勤。

棚卸しも終わり後は計算のみで終了!

相変わらず暇なのでブログの更新。

12月の前半は顔が青ざめる程暇だったのでマメに更新してましたが、おかげさまで後半戦に入り何とか師走らしくなり、入荷商品などアップできませんでしたので、久々に入荷報告でもして見ますね。

Rcrum Rcramu まずは、「 レジェンド オブ キューバンラム 」

1962年、キューバが社会主義になる前に、作られたこのラムは、1940年~1950年頃に蒸留されたラムをスペインに運び、シェリーのようにソレラシステムで熟成させたものです。

毎年300本ほどしかボトリングしないため輸入量も少ない希少品です。

昨年も入荷しましたが、かなり良い感じに完売しました。

不思議と、ラムをあまり飲まない方でもこのボトルが気になるようで良く質問され、説明をすると飲まれる方が多い1本です。

お早めにどうぞ!

2008年1月 4日 (金)

2008年 始動!

おめでとうございます!

今日から2008年の「 STILL 」の営業が始まります。

今年は7日から仕事始めの人たちが多いようですが、「 STILL 」は本日より元気に営業開始です。

本年もよろしくお願いいたします。

仕事とは関係ない話ですが、2日の日に実家に行き、夕方荒川の土手沿いをジョギングしました。

丁度日が沈む頃で、富士山がとても綺麗で、その富士山の横に日が沈んで行くところを見ながらのジョギングはとても気持ちよく、なんだか今年一年良いことがありそうな気分になりました。

次の朝も天気がよかったので、土手まで行き富士を見に行ったのですが、富士山って不思議ですね。

なんだか元気になってくるのが、なんとも不思議です。

一富士、二鷹、三なすび、夢にこそ出てきませんでしたが、なんだか良い一年になりそうです。

たわいのない話で失礼しましたが、本年もよろしくお願いいたします!

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »