フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 秩父蒸留所訪問 5 | トップページ | 塩ミルク »

2008年4月28日 (月)

秩父蒸留所訪問 7

しつこく続くこの日記お次は7回目、飽きられる前にとっとと、文章へ行ってみますんでよろしく。

057コレがウエアハウス内。

かなり見難い写真ですが、蒸留所練と同じぐらいの大きさで、中に入るとひんやりとして、奥のほうに少ーし、置いてあるのみ。

それもそのはず、まだ一度目の仕込が終わったばかりですが、全部で800の樽で埋めつくされる予定だとか。

しかも順調に行けば3年で一杯の予定だとか、先々がこれまた楽しみなのです。

067_2 さて、熟成には二つのやり方があり一つはラック式といい、言葉通りにラックに一つ一つ入れるやり方。

この場合何段にも積み上げることができ、倉庫内を効率よく使うことができます。

秩父蒸留所では伝統的なダンネージ式。

075_2 ハウス内は真ん中に一本コンクリートの道があるのみで、両側はむき出しの土のまま、そこへ、写真のように2本の丸太が等間隔に並べられて下ります。

その丸太の上に直接置いてゆくのですが、積み上げられるのはせいぜい三段まで。

基本的に一度置いた樽は移動させることがないので、下段と上段では温度や空気の動きの違いがあるので、長い年月熟成させるウイスキーは、バラつきが出てきます。

このバラつきをなくすにも良いのです。

068 コレは貴重な写真ですよ!

樽詰めされた第一号の樽なんです!

かなり感動しました。

私が行ったときはまだ、一度目の仕込みが終わったばかりで10樽ばかりでしたが、このウエアハウスが埋め尽くされる頃のまた訪れてみたいです。

073 一つ一つ、熱心に私達に説明してくれる職人の後姿!

お話を聞いている時に感じるのが、職人としてのウイスキー作りにかける熱い思いと同時に、失礼かも知れませんが、子どもがオモチャを与えられたように、とにかく一つ一つが楽しくてしょうがないというのが、伝わってくるのです。

季節の変化、それよりも一日一日で、麦の乾燥具合も変われば、出来上がるニューポットの味も変わり、当然長い年月による熟成でも変わるウイスキー、それらをどのように変わるのかを、日々勉強と、とても楽しそうに話しておりました。

このように仕事ができると毎日が楽しいだろうと、羨ましいぐらいでした。

最後にお忙しい中、蒸留所に押しかけたにも関わらず、長い間時間を作って頂いた、肥土さんありがとうございました。

そして、スタッフの皆さんが、肥土さんと同じ思いで、ウイスキー作りに忙しく動きまわっている姿も、忘れられない光景です。

今後、このウイスキーが出てくるのが楽しみです!

ではでは、最後まで飽きずに読んでくださった方ありがとうございます。

最後は職人の後姿でお別れです。074

ではでは!

« 秩父蒸留所訪問 5 | トップページ | 塩ミルク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/20621981

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父蒸留所訪問 7:

« 秩父蒸留所訪問 5 | トップページ | 塩ミルク »