フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 木内酒造 1 | トップページ | 木内酒造 3 »

2008年12月13日 (土)

木内酒造 2

それでは本題へ。

寒い中、八時のスーパーひたちに乗り、旅行気分の中10時に到着。

Img_0004_2軽く挨拶をしてから、早速どんなビールを作るか相談。

基本となる、四種類のビール(ホワイト・エール、ペール・エール、アンバー・エール、スイート・スタウト)をグラスに持ってきてくれてどのタイプにするか味見。

寝不足と昨夜の酒が残る体に、嬉しい刺激を受け、ペールエールに決定。

ちなみに作るのは四種類以外でもできるようで、相談しながら好みの味に近づけてくれるようです。

同じに日に作っていた隣のグループは柚子を使ったビールを仕込んでおりました。

次は麦、ホップを決めます。

Img_0007_2

麦が10数種類、ホップが3種程でてきたのですが品種の名前など言われてもわからないので、お任せしたところ、ペールモルト 6.0Kとクリスタル 0.4Kで決定。

ホップは三回に分けて入れるのですが、最初に入れるホップがビールの苦味を決めるホップでこれがノーザンブリュワーという品種で、あとは二回目、三回目は、香りづけのホップになり、こちらはカスケードという、馬の名前のような品種に決まりました。(懐かしいねぇ、マキバオー)

ここまでは、椅子にすわり麦を肴に(食べてみると、味の違いがよくわかりおもしろいのです)、ビールをチビリチビリやりながらでしたがここから本格始動です。

お次は、麦芽の計量と粉砕。

Img_0010_2

温泉に置いてあるような体重計で二種類の麦をしっかりと計量。Img_0017

それをモルトミル(麦芽粉砕機)にいれて粉砕したら、釜へ移します。

« 木内酒造 1 | トップページ | 木内酒造 3 »

コメント

おお!始まりましたね!
私の方はさらっと、素人仕様なので、こちらのリンクをはらせてくださいね~wink

OKっすよ。
しやいや、楽しかったねぇ。
早くから、ビールも飲めて、
いろいろ見学もできて良い一日でした。

しかし、あれからいろいろ調べたら、荒川区でも似たようなことやってました・・・・・・。
まぁ、お昼ごはんもアンコウ鍋もおいしかったから
いいってことで。
また、機会があれば行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/26162396

この記事へのトラックバック一覧です: 木内酒造 2:

« 木内酒造 1 | トップページ | 木内酒造 3 »