フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ジャンプ | トップページ | カリラ »

2008年12月20日 (土)

木内酒造 4

さて、お腹も一杯になり、ほろ酔い気分になったところで、作業再開。

Img_0041 40分程経って糖化されたかどうか、ヨウ素液を使い試験。

しっかりと紫色に変化して、糖化していることを確認、でもその、前にちょいと味見。

甘いのです、麦の甘い香りが広がり、砂糖とは違う自然な甘み。

栄養ドリンクのように体に良さそうな感じ、原料こそ違いますが、甘酒はヨーグルトと同じくらいの栄養価があり、江戸時代には夏バテ防止の栄養ドリンクとして飲んでいた時代があるくらいの栄養価。

きっとこの麦汁も栄養があるはず、など考えながら作業続行。

釜の火を強くして、76℃以上に加熱。Img_0042

加熱してゆく間にやはり、下から抜いた麦汁を10回ほど上から注ぐのですが、時間がたつにつれ、濁っていた麦汁がクリアになってゆくのが面白いのです。

温度が上がり10分ほどたってから、濾過しながら煮沸釜に移動。

Img_0046 予定の分量になるところに目印をつけて手作業で移動。

« ジャンプ | トップページ | カリラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/26349104

この記事へのトラックバック一覧です: 木内酒造 4:

« ジャンプ | トップページ | カリラ »