フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 東京優駿 | トップページ | 練馬大根焼酎 »

2009年5月30日 (土)

再起

最近、ミステリーやハードボイルドからなんだか遠ざかっておりまして、久し振りのミステリーを読み始めます。

ディック・フランシス 「 再起 」です。

20090529171705 もう十年ぐらいデイック・フランシスの小説を読んでいませんでしたが、読みたくなったのは不屈の主人公、シッド・ハレーが、再登場していたためつい購入してしまいました。

40作以上を書いているディック・フランシスですが、シッド・ハレーのように四度も出てくるのも珍しく、作者自身も好きなキャラクターなのではないかと思われます。

障害騎手のチャンピオンジョッキーのシッド・ハレー。

栄光の頂点でレース中の落馬により片腕を負傷し引退、その後、探偵社に入り調査員になったところから第二の人生んが始まりました。

「 再帰 」でも舞台はやはり競馬界。

八百長疑惑を調べ始めるところから物語は始まるそうです。

さて、これから読みはじめるところですが、久しぶりに読むと変わっていることもあり、まず気になったことが、訳者が変わっていたこと。

今までは菊池光氏が訳をしておりましたが、北野寿美枝氏に代わっておりました。

調べてみると三年前に亡くなられた為でした。

菊池光氏はディック・フランシスの作品のほか、ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズなどでも読みなれていたためとても残念です。

それから、ディック・フランシスさんっていったい幾つなのかとふと疑問を抱き、これも調べてみると、1920年生まれ、日本で考えると大正9年生まれの89歳!

なんともすごいことで、この年になっても執筆してるとは驚きです。

そういえば、今日の新聞に銀座の最高齢のバーテンダー、小板橋さんが91歳でお亡くなりになられたとの記事が載っておりましたが、70歳、80歳過ぎても、仕事をしていられるというのは、ものすごいことで、頭が下がります。

ちなみに今年40歳の私、折り返しで考えて80歳までバーテンダーを続けられるかどうか・・・・・・んんんん~、難しいだろうなぁ~、とりあえず、一日一日のんびり頑張ってやっていきますんでよろしくです。

« 東京優駿 | トップページ | 練馬大根焼酎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/29867338

この記事へのトラックバック一覧です: 再起:

« 東京優駿 | トップページ | 練馬大根焼酎 »