フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« すいか | トップページ | 45 »

2009年5月11日 (月)

日本酒

家に帰って、晩酌を毎日するのですが最近は日本酒にはまっております。

少し前まで日本酒は冬の間だけでお燗して飲んでいたのですが、この酒を飲んでから一か月程毎日この酒になっております。

20090425045456 それがこの写真の酒で山口県の「 獺祭 」です。

いやぁ~うまいのなんの!久々にお酒を飲んで感動しました。

数年前読んだお酒関係の本で杜氏さんたちが目指すお酒は、水のようなお酒を作ることであると書いてありました。

飲みやすく、飲み飽きないということなのでしょうが、ついつい飲みすぎてしまう日本酒です。

香りもやわらかく、飲み口がやさしく、すっきりして、気がつくと喉をぬけてさわやかな香りが口の中に残ります。

写真は遠心分離50ですが、私の口には、純米大吟醸50の普通のほうが口に会いました。

遠心分離のほうは、より飲みやすく繊細過ぎる味わいなので、つまみをかなり選ばないとならないからです。

素材の甘みのおいしいお豆腐や白身の新鮮な刺身でもあれば絶対こちらですが、家で飲むときのつまみではちょっと贅沢かな?

さて、昨日はたまには違う酒でもと飲んだのがこちらの写真。

20090510190345 「 まんさくの花 MK-X 」

日本酒とは思えない斬新なデザインのラベルにも惹かれましたが限定240本というのについ買ってしまいました。

限定という言葉に実は私も弱いのです・・・・・。

さてこのお酒、秋田の横手のお酒で美山錦100%で作られております。

そして珍しいのがとても少量で仕込むのが特徴らしく900kgの樽で仕込むそうです。

限定240というのはたぶん一つの仕込み樽で作られる、ボトリング数のことなのではないかと思われます。

とにかく、その分手間もかかりますが、おいしくなるようです。

ウイスキーでもクウォーターカスクというのがあり熟成が早く進みおいしくなるというのがありますが、手間暇をかけるとおいしいものができるというのは、どんなものでも一緒なのでしょうね?

« すいか | トップページ | 45 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/29566313

この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒:

« すいか | トップページ | 45 »