フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 再起 | トップページ | パラドックス »

2009年6月 1日 (月)

練馬大根焼酎

練馬区に移り住んで早いもので10年ぐらい。

練馬と赤坂を行ったり来たりの毎日ですが、練馬ののんびりした空気にすっかり溶け込んでおります。

今日も、近所の畑の無人販売所で買ったジャガイモとズッキーニでお通を作りました。

さて、練馬で想像するものと言えば???????

私ぐらいから上の世代の方は「 ダイコン 」と答える方が圧倒的に多いのではと思われます。

練馬の大根生産の歴史は古く、江戸時代から続いていたといわれており、明治時代から昭和初期に最盛期を迎えていたようです。

細くて長い形状がタクアンにするため適していたため、タクアン作りに欠かせない大根として全国に知られておりました。

しかし細くて長く、中央部が太いため他の大根品種と比べると引き抜くのに倍の力がいり、重労働なことや、改良品種が増え他の品種が使われるようになったりと、キャベツ生産に代わる農家が増えて時代とともに廃れてゆくのでした。

20090531173424

今では10軒ほどの農家しか作っておりませんが、細々と練馬大根は今の時代に受け継がれております。

前置きが長くなりましたが、そんな練馬大根を使った焼酎を発見。

その名もズバリ「 ねりま大根焼酎 」です。

原料に60%の大根を使用。

香りに特徴があり、???どこかで嗅いだことがある香りが・・・・そうなんです、タクアンの香りなんです。

考えてみれば、タクアンにしても焼酎にしても同じ発酵食品ですもんね。

焼酎としては不思議な香りですが、味わいはナカナカなもんですよ。

« 再起 | トップページ | パラドックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/29897460

この記事へのトラックバック一覧です: 練馬大根焼酎:

« 再起 | トップページ | パラドックス »