フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« レーズンバター | トップページ | キルケラン »

2009年7月11日 (土)

大きな森の小さな家

先日、長年のお付き合いのあるN氏とジンジャーエールの話をしていたら、「 大きな森の小さな家 」という小説にジンジャーエールを作る所が出ていたということを聞きつけて、この小説を読み始めました。

P6200128_1 実を言うと、「 STILL 」の定番カクテル、一番人気の「 モスコーミュール 」で使用している、手作りジンジャービアーもアメリカの古いレシピをアレンジしたものなので、似たようなレシピなのでは?と思って読み始めたのですがこれがなんとも面白い小説でした。

「 大きな森の小さな家 」  ローラ・インガルス・ワイルダー著

30代以上の方ですと「 大草原の小さな家 」と言うとわかりやすいかも知れませんね。

私も子供のころNHKのドラマでなんとなく父親と見ていた記憶が残っていますが、その原作です。

20090710171807

1867年生まれの著者が経験した、アメリカ開拓時代を描いた実話をもとにしたお話です。

電気もなければ、ガスもない開拓地で暮らす家族の物語。

冬に備えてジャムを作ったり、ブタを解体してソーセージや塩づけ肉を作ったり、メイプルシロップの取り方、小麦の作り方や収穫の仕方、野生動物との共存、開拓地で生きるすべが描かれた、サバイバル小説でした。

少し大袈裟に書いてしまいましたが、人間の根源、食べて生きる事を真剣に見直すことができる素晴らしい本です。

今では当たり前ですが、ソーセージやお肉、野菜、パン、日常食べているものがどの様にして作られるのか?いかにその過程が大変なものなのかがわかりものの大切さを改めて実感できる小説です。

小さなお子様にもおススメですよ!

« レーズンバター | トップページ | キルケラン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/30502525

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな森の小さな家:

« レーズンバター | トップページ | キルケラン »