フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 台風 | トップページ | パプリカ »

2009年9月 2日 (水)

凍りついた香り

20090902190514 「 凍りついた香り 」 小川洋子 幻冬舎

小川洋子さんの作品は初めて読みました。

恥ずかしながらまったく知らなかったんですが、たくさんの作品を書いてる方で、芥川賞作家でもあり、「 博士の愛した数式 」で映画化されたり、フランスでも出版されている「 薬指の標本 」がフランスで映画化されるなど国際的に有名なかたなんです。

すごく簡単にストーリーを言うと、自殺により突然恋人を失ってしまう女性の話。

自殺してから明らかにされてゆく恋人の知らない過去。

その過去を追ってゆくストーリーですが、文章の表現が驚くほど美しいのです。

ひとつひとつの文章を読むにつれ、文章が頭の中で鮮明に映像化されてゆくんです。

読み進めるうちに、本の世界に没頭してしまいそうな文章が気持ちよいです。

さて、次はどの作品を読もうかまだ読み終わる前から楽しみです。

« 台風 | トップページ | パプリカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/31208299

この記事へのトラックバック一覧です: 凍りついた香り:

« 台風 | トップページ | パプリカ »