フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ブラックスワン | トップページ | 成人の日パート2 »

2010年1月12日 (火)

成人の日

お正月が明けたと思ったらまた連休、なんだか休んでばかりでいいのだろうかと、思いつつブログを書き出したのですが、休み明けのこの時間(ちなみに八時半過ぎ)にブログを書いていることを危惧しなければと思いつつも、暇なので・・・・・・。

さて、昨日は成人の日。

駅などで着物を着ている若い人たちをたくさん見かけました。

近所の公園でも両親と写真を撮っている人がいて、なんともいい光景だなぁと、子供と散歩しながら見ておりました。

そんな成人の日の恒例でサントリーさんが成人になる人たちに向け伊集院静さんの文章を書いている新聞広告を目にした人も多かったのではないでしょうか。

かつては、山口瞳さんが書いていて、何年か前から伊集院さんに代わられました。

心に残る文章だったので勝手に転載してみました。

『パパとおやじから

新成人おめでとう。

今日から君たちは大人の仲間入りだ。

でも大人って二十歳になれば誰でもなってしまうものだろうか。それはおかしいと私は思う。しかし無事に二十年生きてきて、今日の空を見ているだけで素晴らしいことだ。さまざまな二十歳があって世の中だ。

パパは娘に静かに言った。

「大人の自分を大切に生きて欲しい。パパがママに出逢った日のように、まぶしくて、綺麗な日本語を話す女性になってくれよ」

オヤジはセガレに言って聞かせた。

「自分のことだけで精一杯の大人になるんじゃないぞ。いい友だちを作り、信じられるものを見つけるんだ」

まぶしい自分になることも、美しい日本語が話せるようになるまでも、良き友を得ることも、信念を発見することも、一年、二年じゃできやしない。いいものは時間がかかる。見てくれで人を判断するな。金で価値判断をするな。すぐに手に入るものは砂のようにこぼれる。本物を手にするのは苦しいぞ。パパと娘は、オヤジとセガレは、この日、初めて乾杯した。この日を待っていたんだ。なんだか美味いな。

「酒は品良く飲みなさい。人も、酒も品格だ」

二十歳の君たちに乾杯。

この日を待っていたんだ。

伊集院静

娘、息子と飲むお酒ってどんな味がするのだろうか、早く経験したいものです。

しかし、お酒を飲むのって難しいのだと、40歳で反省、もっと品よくお酒を飲むようにならなければ、今年の私の課題です・・・・・・・・・。

« ブラックスワン | トップページ | 成人の日パート2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/32962164

この記事へのトラックバック一覧です: 成人の日:

« ブラックスワン | トップページ | 成人の日パート2 »