フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 世界ぐるっとほろ酔い紀行 | トップページ | お休みのお知らせです。 »

2010年3月15日 (月)

70年もの

今日の日経新聞の社会欄に珍しくウイスキーに関する記事が載っていたので、興味深く読んでいると余計興味が沸いてきました。

その記事というのは、世界最古と称して70年前のウイスキーが発売されるというのです。

ゴードン&マクファイルという会社から発売されるのですが、この会社は歴史も古く1896年創業でウイスキーの蒸留所が集まる地域、スペイサイドのエルギンという街で現在も営業しております。

今回発売される商品は「 モートラック 」というウイスキーで、54本限定で値段がなんと一万ポンド、日本年にすると136万円だそうです。

ウイスキー一本が136万円ですよ、少し高いと思った方には200CCのちいさいボトルが限定162本の2500ポンド、日本円で34万円だそーです・・・・・・。

いずれにしろ買えないのですが、いったい70年寝かせるとどんな味になるのか気になるところですが、ウイスキーというのは年々2、3%蒸発してしまうモノで( 天使のわけまいといいます。 )70年寝かせるといったいどのくらい残っていたのか考えてみました。

計算すると70.2リッターになりシェリー樽で寝かせていたらしいので、480ℓが大体の容量でえすから、2割ほどしか残っておらず、8割は天使に飲まれてしまったことになりますね。

70年もののモートラック、飲んでみたいものです・・・・・。

« 世界ぐるっとほろ酔い紀行 | トップページ | お休みのお知らせです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/33789748

この記事へのトラックバック一覧です: 70年もの:

« 世界ぐるっとほろ酔い紀行 | トップページ | お休みのお知らせです。 »