フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

泣き虫しょったんの奇跡

51jgd50s87l__ss500_ 将棋界の慣例を壊し、サラリーマンからプロ棋士になった瀬川晶司氏の自叙伝。

著者には失礼ながら、この本を読み始め最初に思ったのが、ほんとに本人が書いてるのかな?と疑問を感じました。

と、いうのも文章がとても優しく、文章を通して著者の優しさが直接伝わってくるほど優しい文章なんです。

本を読みながら優しさに包まれ、ホロリとさせられるところもシバシバです。

さて、この本を読み将棋の世界を初めて知ったのですが、厳しい世界なんですね。

プロになるにはまず、難しい入会試験を突破し奨励会というプロになるための育成機関にはいり、さらに会の中で一定の条件の勝利をおさめなければ、なることができない厳しい世界。

しかも26歳までという条件付き。

著者の瀬川氏は14歳でこの奨励会に入門するも、26歳までにプロになることができず、挫折。

26歳で大学にはいり、サラリーマン生活を送りながら、アマチュア棋士として活躍。

で、ここからがすごいところ、プロになることのプレッシャーから解放されたのか、アマチュア界では敵なしになり、プロアマ対決でも連勝をかさね、世論を巻きこみつつ、ついに奨励会の慣例を覆し、61年振りにプロ編入試験をクリアしてプロになりました。

将棋というものを通して世界見て、たくさんの経験が描かれたとっても元気にさせてくれる本です。

青春小説のような爽やかな一冊です。

8.2

やばい、尿酸値がまた上がった・・・・・

2010年3月25日 (木)

和製ウイスキー

連休明け、給料日前、雨、こりゃ~暇ですよねぇ・・・・・と思ったら暇だったんですが、以外や以外、みなさんたくさん飲んで頂き、なんとか形になるかな~と喜んでいたらすっかり暇になてしまいました・・・・・・。

そんな訳での、久々のブログ更新です・・・・。

久々の3連休、ゆっくりとさせていただいたのですが、日曜日の新聞に面白い記事があったので、ちょいとご紹介。

「 和製ウイスキー パリっ子陶酔 」との見出しで、パリで日本のウイスキーが流行っているんだそうです。

新聞の写真には、余市や竹鶴などのウイスキーが並ぶ酒屋のボトル棚が写り、ジャパニーズウイスキーを好む人たち曰く、ボトルデザインもよく、バランスが良く、スコッチに比べても安いとのこと。

2006年は日本からの輸入量は23万3703ユーロだったのが、2009年には161万5280ユーロとなり3年で7倍にも伸びているようです。

実際、スコッチと比べるとどのくらい安いのかはわからないのですが、確かにジャパニーズウイスキーの特徴の飲みやすさ、繊細さが受けているようでうす。

ピートをあまり焚かないで、スコッチに比べ優しい味わいが特徴の日本のウイスキー、よく三代料理の一つとして必ず登場するフランス料理、舌には厳しいフランス人が日本人のもつ繊細さを持ったウイスキーを認め初めているというのはなんだかうなずける気もします。

ちょっと嬉しい記事でした。

2010年3月17日 (水)

ラフロイグ

Cid_01100317_220537___d903itvdoco_2

ラフロイグに漬けておいたレーズンをバターにからめて、レーズンバター。

暇なんで、なんかないかと探したら、イチゴがそろそろ怪しそうなので、こちらもラフロイグをたっぷり使いジャムに。

好き嫌いが分かれるツマミだろうなぁ・・・・と思いつつも、味のほうは、ラフロイグ好きにはナカナカですよ。

2010年3月15日 (月)

お休みのお知らせです。

誠に勝手ながら、今週の20日の土曜日はお休みさせて頂きます。

すっかり暖かくなり、来週にも桜が咲きそうな勢いですので、皆様にも良い三連休になるのではないでしょうか?

少々早い告知ですが失礼いたします。

70年もの

今日の日経新聞の社会欄に珍しくウイスキーに関する記事が載っていたので、興味深く読んでいると余計興味が沸いてきました。

その記事というのは、世界最古と称して70年前のウイスキーが発売されるというのです。

ゴードン&マクファイルという会社から発売されるのですが、この会社は歴史も古く1896年創業でウイスキーの蒸留所が集まる地域、スペイサイドのエルギンという街で現在も営業しております。

今回発売される商品は「 モートラック 」というウイスキーで、54本限定で値段がなんと一万ポンド、日本年にすると136万円だそうです。

ウイスキー一本が136万円ですよ、少し高いと思った方には200CCのちいさいボトルが限定162本の2500ポンド、日本円で34万円だそーです・・・・・・。

いずれにしろ買えないのですが、いったい70年寝かせるとどんな味になるのか気になるところですが、ウイスキーというのは年々2、3%蒸発してしまうモノで( 天使のわけまいといいます。 )70年寝かせるといったいどのくらい残っていたのか考えてみました。

計算すると70.2リッターになりシェリー樽で寝かせていたらしいので、480ℓが大体の容量でえすから、2割ほどしか残っておらず、8割は天使に飲まれてしまったことになりますね。

70年もののモートラック、飲んでみたいものです・・・・・。

2010年3月 6日 (土)

世界ぐるっとほろ酔い紀行

51wupkmgeel__sl500_aa300_ 読んでいてとにかくうらやましいのである。

仕事柄、お客様との会話のためにと、個人的な興味で、お酒に関する本はよく読んでいるので、それなりの知識はあるつもりである。

しかし、悔しいかな、現地で飲んだ人にはかなわないのです。

しかもこの本、「 世界ぐるっとほろ酔い紀行 」は一つ一つのお酒にドラマがあり、読んでいて旅行に行っているようで楽しいのです。

スペインでのシェリー、スコットランドでのスコッチ、パリでのリカール、モンゴルの馬乳酒、ナドナドナド、いったいこの人は何カ国で何種類お酒を飲んでいるのか、ほんとうらやましいのです。

お酒が好きなひと、料理が好きな人、旅行が好きな人、にオススメな一冊ですが、最後に本の中にあったすてきな言葉を!

「 御飯のおかずは体を養うためのものだ。

酒の肴は心を養う。

酒の肴は御飯のおかずとは違う

肴は酒を助ける。肴ありて酒だ。 」

「 酒の肴は心を養う 」 というところが特に気に行ってるのですが、「 STILL 」にはあまり肴がないという事に気づく・・・・・・・。

そして考えた、バーにおいての” 肴 ” とは、”時間”と”空間”なのではないかと。

心地の良い肴を用意できるように頑張らねば・・・・・・・・。

2010年3月 3日 (水)

ラムセミナー

久しぶりの更新で相変わらず失礼しております。

さて、今日は久しぶりのセミナー。20100303083016

ラム酒の「 ロンサカパ 」をメインにラム酒についての勉強会です。

午後の昼間っから、しかも仕事前にラム酒をストレートでグビリ・グビリなんです。

仕事なので”しょうがなく”グビリ、グビリです。

さて、ウイスキーなどは専門書もたくさん出ているのですが、ラム酒は意外に出ていないのが現状。

私自身もそれほど深く調べていないので、前回のテキーラセミナー同様に、楽しいセミナーになりりました。

セミナーの内容は、ラムの説明からはじまりました。

サトウキビによる砂糖がインドで根付いてから、東は中国、西は中近東から地中海を渡りスペイン、さらに世界に広がるわけですが、その間には十字軍やコロンブスなど砂糖が広まるには欠かせない人物や事象が説明され、世界史とかなり係わりがあり、ラムを通して歴史をもう一度勉強したくなりました。20100302151227

まぁ、細かなことは別として今回一番よかったのは糖蜜をじかに舐める事ができたこと。

この写真が、ラム酒を作る原料の糖蜜。

何故二つあるのかは、ラムの製法による二種類を比べるためのもの。

左はサトウキビから絞ったそのものの糖蜜( バージン・シュガー・ハニー )で右は同じくサトウキビから絞ったモノですが、砂糖を作ってから残った廃糖蜜なのです。

現在のラムのほとんどが廃糖蜜から作られているのですが、サトウキビからじかに絞ったラムが最近は人気になってきていて、今日のメインのロンサカパもその中の一つです。

さて味のほうですが、コールタールのような色のミツをなめてみました。

まずは左の糖蜜からですが、思ったより甘くないのですが、上品な甘さ。

かすかに日本の”のり”、しかも「 ごはんですよ 」のような佃煮の”のり”の風味が感じられるのが面白いのです。

さて次は、廃糖蜜、甘さはさらに抑えられ、塩っけが感じられます。

苦みもあり比べるとかなりの味の違いに驚かされます。

これから「 STILL 」でもラムが増えてゆくかも知れませんので、興味が沸いたら味わってみてください。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »