フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

お休みのお知らせです。

五月一日の土曜日はお休みさせて頂きます。

なんだかんだでもう五月、ゴールデンウイークですね。

長い方は7連休、「 STILL 」もそのぐらい休んでみたいものですが、恐ろしい事になりそうなので怖くてできません。

五連休でも長いくらいですが、久しぶりに知り合いの店にでも行って飲んだくれて・・・・・・ではなくて、勉強してまいります。

そんなわけで今後ともよろしくです。、

BAR STILL  小林康雄

2010年4月24日 (土)

やった。

とても気持ちの良くなる素晴らしい本に出会いました。

51v4e9y81nl__sl500_aa300__2 「 やった 」 坂本達

サブタイトルがまたすごく「 4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男 」

世界一周もすごいのですが、4年3か月も有給休暇をもらえる会社があるってのもまたすごいのですが、自転車での世界一周を通して、人の優しさ、温かさ、楽しさ、など色々な感情を感じられ、とても心に残る一冊です。

たとえば、アフリカでマラリアと赤痢に同時に感染した時など、現地の医師に何日も世話してもらうのですが、残り少ない薬や注射を使いきっての看病、しかも「 俺の国にいるときは俺が最後まで面倒をみる 」といって友達扱いでお金を受け取ってもらえなかったり、極寒のアラスカではマイナス30度にもなる中での旅、厳しい環境で暮らす人々のせいか、常に周りの人が思いやり、車で通りかけるたびに、力になれることはないかと声をかけられたりと、とにかく人の優しさが随所に現れていて、人間ひとりではないんだなぁ、と元気づけられることがしばしば。

文章とともに写真もたくさん載っているのもとても楽しく、その写真の中に著者の顔も映っているのですが、これまた人を安心させるような優しい顔をしているのがまた印象的です。

「 人間は生きているのではない、生かされているのだ 」

これは、マラリアが治り旅を再出発するときの言葉で、人々の助けがあって勇気づけられたり、元気をもらい自分一人では何もできないんだと、本当に苦しいときに助けられたりした経験から心の優しさが顔に出てるように思えてきます。

さて、この本は続編もあるのですが、これらの本の印税はギニアに診療所を作ったり、井戸を作るためなどにすべて使われているようです。

最近は図書館で借りて本を読むことが多かったのですが、そんなわけで久しぶりに本を購入してしまいました。

元気のないとき、感動したいときに読むのに絶対お勧めの一冊です。

2010年4月23日 (金)

デイスティラリーズ・カスク ” カリラ ”

「 キングスバリー・ヴィクリアン・ヴァット・ジン・ディステイラリーズ・カスク ”カリラ” 」酒の名前を書いただけで疲れてしまいますが、わかる人にはわかりやすい酒名ですが、ほとんどの方にはわかりにくいのでちょいと説明。

2010042200 まずはヴィクトリアン・ヴァットというジンがありまして、そのジンを” カリラ ”というウイスキーの樽で寝かしてウイスキーの香りをつけたおそらく世界で初めての試みのジンなんです。

通常のジンに比べ、ジンの芳香のメインとなるジュニパー・ベリー(寝ず飲み・・・・ではなく杜松の実)を他の製品の二倍つけた癖の強いジンにさらにアイラモルトのカリラの香りが付いているので癖の強いのが好きな方にお勧めなんです。

早速テイスティング。

アイラの芳香が強いのでは?と想像しておりましたが、非常に優しくカリラのピート香が映っています。

正直なところカクテルなどにいじるには非常に難しいジンではありますが、一度は試す価値のある一品。

オススメは、ソーダ割。

ライム、レモンなど何もいれずにソーダでわるとジンの香りのなか、アイラの芳香が残りいい感じです。

2010年4月22日 (木)

ラムフェスタ 2010

昨日の暖かさから一転んして、今日は寒い日になってしまいましたが、日に日にあたたかくなり、これからはラムやテキーラの似合う季節になってきました。

無理のあるネタふりでしたが、今年も「 ラムフェスタ 」の季節が近づいてまいりました。French_img3

ラム酒のメッカ、フランス領マルティニーク島から島の全蒸留所が東京ビッグサイトに集まるラム酒の祭典。

一昨年から始まったこのラムフェスタ、私のような仕事関係の人たちばかりと思いきや、一般の方もたくさん来ていてビックリなんです。

ウイスキー、ブランデー程ではありませんが、ラム酒もたくさん種類が入ってくるようになり、日本ラム協会なども数年前に発足され、かなりラムも熱くなってきていることは確かです。

残念ながら有料(前売り2000円)なんではありますが、入場料がチケットになっており、そのチケットでラムが飲めるようになっている仕組みです。

しかも、ラムを広めるためのフェスティバルですから、ほとんど原価で売っているのでこの機会に、長期熟成のラムを飲むのにもいい機会なんです。

日にちは6月6日の11時から東京ビッグサイトでの開催。

ご興味ある方は、こちら⇒http://www.jisys.co.jp/docs3/pages/rumfestaへアクセスお願いいたします。

めったに飲めないラムもあるのでラム好きな方は是非どうぞ!

2010年4月19日 (月)

日本グランプリ

楽しみにしていたMOTO GPの日本グランプリ。N492377_231840_aerialshotofthemoteg

今年は家の事情でいけない予定でしたが、家族に黙って無理やり行ってしまおうか、などと画策しておりました。

そんな不埒な考えがたたったのか、アイスランドの噴火の影響で延期になってしまいました。

んんんんん、残念・・・・・・・。

2010年4月17日 (土)

相変わらずの暇な土曜日なんですが、四月でしかも桜が散ったというのに、朝の雪は意外でしたね。

仕事を終え五時頃知り合いの店に飲みに行くときは雨でしたが店を出る六時過ぎにはみぞれになっており、電車に乗り練馬に帰ると木々や車に雪が積もってました。

私事ではありますが、4月16日で年を一つ取り、バカボンのパパと同い年になってしまったのですが、1969年の私が生まれた翌日は雪が降ったと、よく母に聞かされていた事をふと思いだしました。

四月というのに41年後の同じ日にまた雪が降るというのもなんだか面白いなぁ~と考えながらの帰宅でした。

どーでもいい話で恐縮ですが、なんとなくそんなことを思ってみたりしてみました。

さーて、今週もお世話になりました。

皆様、よい休日を、ではでは!

2010年4月12日 (月)

MOTO GP

F1より一足遅れて今年もMoto GPがはじまりました。

今年もカタールでのナイトレース何にもない砂漠に突如現れたかのようなレースコース、なんとも幻想的で開幕にふさわしいコースなんです。

N508625_losail02_slideshow かつては日本で開幕していた事を考えると少しさびしい気もしますがとにかく楽しみが増えたんです。

さて、今年から新しいいレギュレーションになり昨年250cc(2st)が廃止になり500CC(4st)がはじまりました。

昨年も日本人の青山博一がチャンピオンになり、日本人の得意とするところなんですが、今年もやってくれそうな気配で開幕しましたが、いきなりの初戦で富沢翔也が優勝してくれました。

まだまだ始まったばかりで先は長いですが、なんとも嬉しい開幕です。

世界的にはF1以上の人気を誇るMoto GPですが、日本ではまだまだマイナースポーツ。

日本のバイクメーカーが半分近くを占めて、何人もの日本人が参加しているのにこれほど人気のないスポーツは不思議な気もするのですが、見る機会があれば見てみてください。

しかし、さすがに今日は眠いなぁ・・・・昨夜というか今日というか午前二時から朝までレースを見てるって疲れます・・・・・・・。

さぁ、今週も頑張って行きましょー!

ではでは

moto gp

2010年4月10日 (土)

アプリコットフィズ

先ほど帰られたお客様が「 アプリコットフィズ 」を注文されました。

久しぶりに作るスタンダードカクテル、懐かしいなぁと思いつつも、そういえばそんな名前の馬が桜花賞に出ていたなぁと思い聞いてみると、やはりゲン担ぎに注文されたようでした。

さて明日の桜花賞は何が来ますかねぇ・・・・・。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »