フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 世界でもっとも阿呆な旅 | トップページ | バジル »

2010年6月24日 (木)

キルホーマン 3Y サードリリース

1 何度か紹介している、3年前にできたアイラ島八番目の蒸留所、「 キルホーマン サードリリース 」のご紹介。

先日のスーパーノヴァ程ではありませんが、ピートのフェノール値は50PPMとアードベッグと同程度ですが、こちらのほうが重たく感じます。

46%と普通の度数ですが、かなりの飲みごたえです。

ピートの煙むたさ心地よく、甘みに変わります。

三年モノのため若干の若さを感じますが、それも最初のうち。すぐにとがった香りも、柑橘っぽさに変わてゆきます。

口に含むとバニラのような甘みが広がり、三年と思えない熟成カン。

ヘビーピート特有の熟成感に加え、オロロソシェリーの樽で三か月間、フィニッシュさせたのも、まろやかさを助けているようです。

まだ、ファーストリリースのボトルも弱冠残っているので、飲み比べてみるのも楽しいですよ。

« 世界でもっとも阿呆な旅 | トップページ | バジル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/35471512

この記事へのトラックバック一覧です: キルホーマン 3Y サードリリース:

« 世界でもっとも阿呆な旅 | トップページ | バジル »