フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 野菜 | トップページ | サンテティエンヌ エクストラヴュー シングルモルトフィニッシュ »

2010年6月11日 (金)

道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅

面白い!とにかくおもしろい、関西人ってしゃべりもうまいですが文章も滑らかでついつい引き込まれてしまうんです417iugz0e5l__sl500_aa300_

「 道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅 」

石田ゆうすけ。

どんな人なのかよくわからずに読んでいたのですが、調べるてみると旅行エッセイストの肩書を持つ作家さん。

もとは7年半かけて自転車で世界一周旅行をしてのちに文筆家になったようですが、とにかく文章がおもしろいのです。

本の紹介になっていないので、ここから本の紹介です。

一言で言うと、世界一周をした著者が日本国内を自転車で旅したエッセイ。

しかしこの本、私の勝手なイメージですが、自転車を使った旅行ですから、旧称明晰の紹介がメインなのかと思い読んでいるととにかく食べる。

食べるために走っているのではないかと思うほどよく食べる。

香川に行けば、さぬきうどん、福島ではラーメン、東北ではそば、一日に三杯も四杯も食べる。

ほかの土地でも、その土地の肴に酒を飲んでいる描写がまた美味しそうなんですが、人との出会いもこの本のおもしろいところ。

人との出会い会話でホロリとさせらるところもたくさんあり、さりげなく環境問題なども組み込まれているところも考えさせられるところ。

前回紹介した本「 やった 」の著者もとても人間的な魅力を感じる人でしたが、この本の著者もメチャクチャ文章から魅力が伝わる方。

世界一周をしたことにより、いろいろなことを見て、経験したことにより一回りもふたまわりも他の人より魅力を感じるのではないのかと思います。

食べ歩き、旅行に行きたくなる一冊です。

あーーーー一人旅に行きたい!

« 野菜 | トップページ | サンテティエンヌ エクストラヴュー シングルモルトフィニッシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78266/35193010

この記事へのトラックバック一覧です: 道の先まで行ってやれ!―自転車で、飲んで笑って、涙する旅:

« 野菜 | トップページ | サンテティエンヌ エクストラヴュー シングルモルトフィニッシュ »