フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

土曜日、台風。

台風が来る 景色が変わる

台風が来る 記録破りだ

こんな歌を聴きながら営業の始まり始まり。

台風って結構好きなんだけど、最近は店が暇になるので嫌いです。

なんだかもう雨も上がっているようですが、土曜日で台風ですからねぇ・・・・。

暇なので今日の予定はピクルスづくり。

きゃべつ、ニンジン、シイタケ、ジャガイモの四種。

キャベツはクミン風味、ニンジンはディル風味、シイタケは昆布だしとトウガラシ、ジャガイモはローリエの風味。

キャベツ、シイタケは朝採りです。

オススメですよ。

台風が来る ものすごいやつ

台風が来る 記録破りだ

2010年10月29日 (金)

ホットモヒート?

寒いのでモヒートを温めてみた。

クラッシュアイスで作ったモヒートをグラスごと電子レンジに入れて・・・・・・なーんてことはさすがにしませんが。

ガラスの急須にミントを入れて、ライム、シュガー、ダークラム、熱湯を注いで出来上がり。

モヒートて言うのか?って突っ込みがありそうですが、まぁこんな感じでどーでしょう!

こういうときは写真がほしいなぁ・・・・早く携帯買い買えなばなぁ・・・・・。

2010年10月22日 (金)

ラム酒

今日の朝刊にラムの売り上げが伸びているとの記事が出ていた。

前年比7.8%の伸びで、なんでもモヒートの人気と夏の暑さなどから伸びたのではとのこと。

確かに10年ほど前だと、モヒートをお勧めする時は、「 キューバのカクテルでミントを使って 」など説明していたが、最近はお客様のほうからモヒートの注文も増えている。

5年ほど前か、いつの頃かは忘れたが、バカルディなどモヒートを前面に売りだし始めていたことを思い出すが、その辺の地道な努力も報われたのかもしれない。

ラム全体を見てもこの何年か新しい銘柄なども入ってきたり、シガーの人気とともにラムを嗜む人も増えている気もする。

記事を読んでいて驚いたことだが” アグリコールラム ”という言葉が出てきたこと。( ラムはサトウキビから砂糖を作った時に残る廃糖液を蒸留して作ることがほとんどなのだが、砂糖の糖液を取った後ではなく、ラムを作るためだけにサトウキビから作られたラムの事。このアグリコールラムに対して廃糖液から作られるラムはインダストリアルラムと呼ばれます。 )

私たち業界の人間は当たり前のように使う言葉だが、新聞など一般に使われるというのはなんだかラムの人気が定着してきているようで嬉しい。

今年は確か第3回めがビックサイトで行われた、「 ラムフェスタ 」なども毎年行われ、ジャパンインポートさんなど日本のインポーターたちも宣伝してきたことも大きな要因なんだろう。

因みに「 STILL 」のオススメラムは

「 モンターニュ・プレ 」2700000815991

チョット高いけど20年以上熟成したマルティニークのラム。

シャンタルコンテ社がマルティニークの蒸留所で作られた上質のラムをこの銘柄で出している商品。

モルトで言うところのボトラーズモノみたいなもんですかねぇ、ちなみにデパズ蒸留所のものらしいです。

ほかにも、食後に飲みたい甘みのつよい「 サヤ 」や、アードベッグの樽で寝かした「 HSE 」などなどたくさんあるので、飲み比べてみてください。

2010年10月21日 (木)

G.H.Mumm

G.H.マム。100924cha116ph01

シャンパンの好きな人やF1の好きな人はすぐにピンとくるG.H.マム。

このシャンパンのセミナーに先日行ってきた。

恥ずかしながら、シャンパンのことは人並みにしか詳しくないのでなかなか楽しめる内容でした。

やはりウイスキーと違うと感じるのは、繊細な香りを聞くこと。

銘柄で飲み比べると当然味や香りの違いを感じるのだが、どのような言葉で表現して良いかわからない。

ウイスキーの場合は思い浮かんだもの、たとえば果物、食材、今まで体験してきた香り、など思い浮かんだことを言えばいいのだが、どうも難しく考えてしまいうまく表現できない。

あとウイスキーのアイラとスペイサイドの違いのように大きな違いを感じる事が出来ないのでその辺を見るのも楽しみの一つでした。

ウイスキーにはない違いは、味、香りの説明をする前に、その年の月の天候を話すこと。

それらを聞くことにより、日照時間や雨の多さ、気温などから想像して味を思い浮かべる楽しみなどはウイスキーにはない事で、上質な推理小説を読み、今後のストーリーがどうなるのだろうと想像するのに似ていて楽しい。

他にも葡萄の品種による違いも、楽しい。

基本的にシャンパンの場合、八種類ぐらいの品種で構成され、シャルドネ、ピノノ・ワール、ピノ・ムニエの三種がメインに使用されるのだが、これらの品種からも味、香りを想像する楽しみももちろんあるので、ヤヤコシくもあるがとても楽しい。

ちなみにシャルドネは、フレッシュ感とシャープ感、ピノ・ノワールは力強さ。ピノ・ムニエはハーモニーと果実実を与えるそうです。20080117_459924

などなど、知っていることや知らないことを聞きながらシャンパンを飲みながらセミナーは終了。

その後懇親会がやはりシャンパンを飲みながらありつい飲み過ぎてしまい、かなり酔っての営業に突入でした。

シャンパンも面白いですね、まだまだ覚える事がわんさかあるのもまた楽しいことです。

2010年10月19日 (火)

ドリームガール

「 ドリームガール 」 41g9tk1nqbl__sl160_

今年の一月に惜しくも亡くなられた、 ロバート・B・パーカーのスペンサーシリーズの34作目。

久しぶりに読んだハードボイルド作品、スペンサーシリーズもこの10年ほど読んでいませんでしたが、久しぶりに読んでも変わらないスペンサーのカッコよさに男ぼれです。

男とは?男の強さとは?など男であることを毎回考えさせられるこのシリーズ、この作品も男臭さが満載でしびれます。

今回の主人公は、「 儀式 」 「 海馬を馴らす 」に続いて三回登場のエイプリル。

「 儀式 」では家出してきたエイプリルに、売春婦になりたいと相談を持ちかけられ苦渋の決断のうえ高級娼館のマダムに身をゆだねたスペンサー、そのエイプリルが登場。

今では娼婦をやめ娼館を経営しているエイプリル、何者かに営業を邪魔されていることをスペンサーに相談するところから始まるのだが・・・・・。

個人的にテーマがテーマということか、結末が結末だけにあらすじ的に好きではないですが、スペンサーやホークのカッコよさ、スーザンの美しさにはほれぼれさせられます。

さて、スペンサーシリーズの楽しみはスペンサーの飲む酒。

最近は ジョニー・ウォーカー・ブルー・ラベルを飲んでました。

他には、銘柄指定のないスコッチ・アンド・ソーダ ( もちろんハイボールなどとは書いてません念のため )、マティーニ・オンザロックにレモンツイスト、ヴァージンメアリー、今回はビールが出てこないなぁなど読み進めていたら出てきました、 ブルー・ムーン・ベルジャン・ホワイト、。

シャンパンを飲むイメージが強い記憶があったスーザンは、マーティーニにコスモポリタン。

相変わらずアメリカでのコスモポリタンの人気の高さが伺えます。

そういえば文庫版の表紙の挿絵はいつから無くなってしまったのだろう?確かめる意味もあり遡って読み進めてみます。

2010年10月 7日 (木)

お休みのお知らせです。

今週の9日の土曜日はお休みさせて頂きます。

最近は同業者にあうと「 暇 」とか「 売上 」とか 「 前年比 」とかいう言葉が飛び交い暗い話が多くなっているこの不況のなか、「 こんなに休んでいいのだろうか 」などと思うこともありますが、お休みしちゃいます。

こういう時だからこそしっかりと休んでパワーアップして来週に備えますので、火曜日からまたよろしくです。

BAR  STILL  小林康雄

2010年10月 5日 (火)

昨日・・・

「 パリッ 」と音がしたので音のしたほうを見ると口からグラスの破片を出している人がいた。

一年に一人ぐらいいるんだよねぇ~、グラスを食べる人が・・・・・。

2010年10月 4日 (月)

10数年ぶりに自宅観戦となったMOTOGPの日本グランプリ。

一人寂しく子供に邪魔されながらの自宅観戦。

のんびりと横になり淡麗Wとクリアアサヒを飲んでの観戦でした。N515113_koyama01_preview_big_3

全レース、バイクのレースならでは白熱したバトルが繰り広げられ熱かったのですが、特に良かったのが125CCのコヤマックスこと小山知良選手。

マシン性能が劣り最高速が劣る中、毎周回メインストレートで抜かれるもコーナリングで抜き返す熱い戦い。

ブレーキング勝負では負けず、テクニカル的なところは見せてくれましたが、タイヤが持たなかったようで、結界は残り三周でコースアウトの最下位ですが、レースをみて小山選手から何か熱いモノをもらったかのようなレースでした。

MOTO2クラスも高橋選手がホールショットを奪い” もしや ”と期待しましたが結果は6位。

N515343_stoner01_8_preview_big_3 最高峰のMOTOGPクラスはストーナーが得意の逃げに入り優勝、2位にはホンダの意地を見せたドビチオーゾ。

熱かったのが三位争い。

ロレンソ、ロッシの同じチームの争い。

王者ロッシの意地か力か、今期の優勝がほぼ決まりかけているロレンソが手を抜いたかはわかりませんがロッシが3位。

さて今回はホームグランプリということもあり日本人選手の活躍を楽しみにしていた人も多かったのですが、私も含め一番みたかったのはサンマリノGPで不慮の事故で19歳の命に幕を閉じた富沢選手の姿だたのではないでしょうか。

決勝レース当日は献花台がおかれ、故人をしのび追悼式が行われたました。N515296_tomizawa01_3_preview_big

全ライダー、メカニック、関係者が集まる中の追悼式。

日本はもちろん全世界中継されたようです。

日本ではそれほど人気の高くないバイクレースですが、ヨーロッパではサッカーより人気がある国もあるとも言われているMOTO GP。

亡くなったことは当然残念でならないのですが、これほど全世界の人に中継なども通して、追悼された日本のスポーツ選手もいないのではないでしょうか。

日本GPで戦った日本人選手のほとんどが富沢選手のゼッケンナンバー「 48 」をつけての参戦。

日本人以外でも「 48 」の番号をつなぎに付けていた人も多く、画面に「 48 」の番号が映るたびに目頭が熱くなる、日本GPでした。

番号の「 48 」は故加藤大治郎の「 75 」と同じく永久欠番になったようです。

危険と隣合わせのバイクレースですが、事故が起こらないことを祈るばかりです。

2010年10月 2日 (土)

野宿入門

心温まるホンワカとした気持ちにしてくれる本

「 野宿入門 - ちょっと自由になる生き方 - 」  かとうちあき著

著者は本気です、多分・・・・・・・。1102962472

15歳の時 ” 野宿 ”をすることに「 自由 」と「 青春 」を感じて、初めて経験してから今や年50日野宿する野宿のプロが教える野宿の入門書です。

まずはするつもりのないのにするはめになる消極的野宿と、するつもりがあってすすんでおこなう積極的野宿の違いから始まります。

消極的野宿とは「 野宿したくない! 」と思っていてもやむなくする野宿、宿が見当たらないとか、宿に泊まるお金がないとか、そして一番ポピュラーでたくさんの方が経験ある野宿?しこたま酔っぱらって終電を逃したり、寝過して終着駅でする野宿。

逆に積極的野宿とはこちらは簡単自ら進んでする野宿。

この本を読めば消極的野宿でもトッテモ楽しい野宿になります、タブン・・・・。

ちなみに野宿野郎というミニコミ誌の編集長でもあるかとうちあきサンはまだまだ若い二十代のかわいい女性。

ホンワカ、ノンビリした良い感じに力の抜けた文章に癒されます。

ちなみに私も昔はよく野宿をした人。

寒い冬は急行の止まる駅は夜でも夜行列車が止まるので暖房が利いて暖かい駅舎がただのホテル代わりに野宿、はたまた朝の弱い私は田舎のバス停で野宿、朝二便、夜二便という少ない本数のバス停も朝は早くからバス亭に地元のおばあちゃんたちが集まるので否応なく起こされる目覚まし野宿、後は寝袋を持ってバイクに乗って適当なところで日が暮れたらする野宿、もう二十年ぐらい前の話ですが、久々に野宿をしてみたくなりました、もちろん積極的野宿のほうですが・・・・。

MOTO GP in MOTEGI

例年なら、今頃茂木のサーキット内か宇都宮あたりのバーでMOTO GPの余韻にしたり飲んだくれているはずが、今年は行けずじまい・・・・。

悲しいけど、明日は昼からプリン体ゼロのビールを片手にテレビで応援です。

N515229_rossi_dovizioso01_slideshow ホンダ勢としては負けられないホームコースだあり、面目を保った予選結果。

ポールポジションはレプソル・ホンダの ドビツィオーゾ 、予選二位は ロッシ!  ロッシ、ロッシ、ロッシ! 肩の怪我の影響でストップ・アンド・ゴーの多いコース形態の茂木では不利なのではと期待薄でしたが、明日が楽しみ。三位がストーナー、四位がロレンソ、そして唯一の日本人ライダーの青山選手は14番手から出走、ペドロサが金曜の骨折で戦線離脱したのが残念ですが、明日はおもしろそうなレースになりそうです。

さて、MOTO2クラスの高橋は予選三位で一列目を確保、125CCの小山も今期最高位タイの5番グリッドを確保。

富沢選手の為にも絶対に勝ってもらいたいホームグランプリ。

日本人選手の活躍に期待です!

MOTO

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »