フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月29日 (土)

うるめ,鮭とば&ウイスキー

暇なのでヤケ酒してるのではありません念のため。

Cid_01110129_201831______f08bdocomo 以前から気になっていた組み合わせ、「 ウイスキーとウルメ 」

やはり悪くない組み合わせ、カッコよく言えばマリアージュです。

赤く見えるのは鮭とば、結果から言うとこちらのほうが相性がよりいいです。

ほんのりと匂う生臭さをうまく消してくれます。

胡椒をかけるとモアベター( 懐かしい言い方です・・・)山﨑はなぜか甘みが増した感があり面白い。

ウルメのほうもなかなかナカナカ!

特にアイラミストが面白くヨード臭がやわらぎました。

来週のおつまみの一押しはこの「 ウルメ&鮭とば 」のコンビです。

ウイスキーを召し上がる方、是非お試しください。

そういえば、このウルメ、プリン体たっぷりなんだよなぁ~・・・・・・・・。

キャベツと鶏胸肉のマヨネーズあえ

これからサッカーがあるらしい、しかも土曜日・・・・・・さて、今日はたっぷり時間があるぞ・・・・・・・・。

そんな訳なので今日のお通しは昨日の残りのキャベツと鶏胸肉のマヨネーズあえと残り物です。

51k5gbk2wel__sl500_aa300_ 個人的にも好きなツマミなのでレシピの紹介。

作り方は簡単、まずは鶏胸肉をゆでるのですが、強火で火を通すと固くなってしまうため、柔らかくゆでるコツは、たっぷりのお湯を大きな鍋で沸騰させて、火を止め、その中へ半分に切った胸肉を入れて15分待つだけ。

ほおっておいて、柔らかく出来るのがいいところ、やんわりと美味しく茹であがります。

その間に、キャベツを食べやすい大きさに切って、肉に火が通るのを待ち、両手にフォークをもって、まな板の上に肉をおいてほぐしてからマヨネーズであえるだけ。

もう少し美味しくしたいときは、マヨネーズに粒マスタード、コショウ、レモン、生クリーム、塩で味を調えるとさらに美味しくなります。

キャベツは大きめに切ったほうがキャベツの甘みが出て美味しいですよ。Cid_01110129_173301______f08bdocomo

2011年1月28日 (金)

グリーンサラダ

今日も野菜の直売所に野菜を買いに行く。

今日の獲物はブロッコリとキャベツと最近気に入っているグリーンサラダ。

Cid_01110128_171822______f08bdocomo 10種類以上の葉物野菜が詰め合わせある。

これが食べてて、美味しくて楽しい。

とても甘い野菜から、苦い野菜までたくさんの味が楽しめる。

豪快にまとめて食べるのもいいが、少しづつ葉の違いを楽しみながら食べるのも楽しい。

そんな感じで食べてもらいたいのでドレッシングは控えめ。

オリーブオイルを少~したらして塩を控えめにパラリ。

レモンを軽く搾りかけて軽くあえて、コショウをガリガリッ!最後にパルメザンチーズを振りかけてできあがり。

ゆっくりと葉の違いを味わうのも楽しいですよ。

2011年1月27日 (木)

古本暮らし

Cid_01110127_180741______f08bdocomo 好きな事やモノがあるって幸せなことだと思う。

たくさんの好きなことがあるのもいいが、一つのことがものすごく好きなのもいい。

きっとこの本「 古本暮らし 」の著者、荻原魚雷氏は毎日楽しい日々を送っていると思われる。

毎日、古本屋をめぐり本を眺める、ほしかった本がそこにあった時などは想像するととても楽しそうである。

なかなかそういう機会も少ないのだろうが、毎日宝探しをしているような気分なのではないか、うらやましい。

こう書いていると、なんだか私が楽しくない生活を送っているように思われるといやですが、念の為ですが楽しい毎日を送ってます、たぶん・・・・・・・・。

話がそれたが、いったいこの人は年に何冊読むのだろうか?とにかく凄い数の本を読んでいると思われるが、そんな著者が書いている本が面白くないわけがない。

しかもこの本の良いところは、この一冊で何冊もの本を読んだ気にさせてくれる。

基本的にエッセイなのだが、その節々にいろんな本の良いところを要約してくれてたり、抜粋してくれている。

とても親切であり、なんだか頭が良くなった気がする。

とても癒される一冊です。

さーて今日も頑張りましょう!Cid_01110127_183839______f08bdocomo

ちなみに今日のお通しはスパニッシュ風オムレツですとトマトのピクルスです。

さーて氷でも割るかな・・・・・・。

2011年1月26日 (水)

ピクルス

ザックジャパン頑張った!

らしいですね・・・・・・

守護神、川島すごかった!

らしいですね・・・・・・

放映したテレビ局はさぞかし嬉しいでしょう。

向かいのパブも大盛り上がり。

STILLは・・・・・・・・・

サッカーなんてキライだ・・・・・・・

そんなわけで、たっぷりと時間があったので、ピクルスを仕込みました。

Cid_01110126_041058______f08bdocomo ウズラの卵、トマト、パプリカ。

ウズラはディルを効かして、トマトは昆布とバジルを効かせ、パプリカはローリエをふんわりと。

卵はもう少し寝かせたほうが美味しいですのでもうしばらくです。

2011年1月25日 (火)

マレーマクダヴィッドから二種入荷。

Cid_01110125_192950______f08bdoco_2 ボウモア 8Y シャトー・ラトゥール・カスク

レダイグ 14Y シャトー・オーブリオン・カスク

二本ともフランスはボルドーの第一級シャトーのワイン樽でフィニッシュさせたもの。

風邪のため( 花粉? )まだテイスティングはしてませんが楽しみな2本です。

花粉症か?

お客様と「 風邪ひいてしまい、咳が出ててスミマセン・・・・ 」と話をしていて、

「 毎年この時期に風邪ひいて咳がとまらなくなるんですよねぇ~ 」というと

「 それは風邪でなく花粉症だよ 」との指摘・・・・・・。

確かに毎年このころになると同じ症状が出るが、もう何年も続いているってことは何年も私は風邪だと思い込んでいたようだ・・・・・。

しかし、花粉症と認めるのがなんだか悔しい、やはり風邪ということにしておこう。

2011年1月24日 (月)

温暖化はどこへいった!

寒い、毎日寒い。

バイクで朝方に帰る私としては厳しい日が続いている。

毎年、一月二月は寒いものだが、寒さが緩む日もあったりしてここまで深夜に温度が下がる日が続くのも珍しい気がする。

半年ほど前は、温暖化だとか、地球の気温が上がっているとか騒いでいたがあれはなんだったんだろう。

なんだか今年は寒さが身にしみる、年のせいか・・・・・・。

そんな寒さのせいなのか風邪をひいたらしい。

身体はすこぶる元気なのだが咳だけがでる。

しかも、タバコの煙に反応してしまうのが喫煙者には申し訳ない。

わざと咳をするつもりはないのだが、つい出てしまう。

喫煙者の皆様、嫌味ではないので、念のため。

それから相変わらずあまり注文がありませんが、今日も練馬の朝採り野菜をタップリ用意してますので野菜好きなかたはお召し上がりくださいませ。

そんなこんなの始まりですが、今週もよろしくです。

2011年1月22日 (土)

フレミング

今日、子供たちと食事をしていると三歳の息子が三本の指で何やら形を作り出した。

何をしているのかと見ていると突然「 フレミング! 」と叫びだす。

「 ?????? 」

三歳の子供がなんでフレミングの法則を?と頭によぎるが、「 それ、なあに? 」と聞いてみると。

「 これねぇ、これねぇ、これ考えるとすぐに寝られるんだって 」との返答が。7201bef344e89b52c7fc15e197518088

なんだか良くわかるようなわからないような答えだが、教えられてばかりで悔しいので代わりに” グワシ ”を教えてあげたら夢中になってやっていた。

しかしなんで子供があんなこと知ってんだろうなぁ・・・・。

2011年1月21日 (金)

荒野へ

51jggyj7r1l__sl500_aa300_

1992年、アラスカ、マッキンレーの北の荒野で一人の男性の腐乱死体が見つかる。

謎めいた死についてある雑誌が、この死について調べてゆくうちに全米の注目が集まり次々と謎がわかってゆく。

20代の若者が何故、アラスカの荒野でたった一人で死んでいったのかを、ドキュメンタリー作家ジョン・クラカワーが調べ上げ書き上げたのがこの「 荒野へ 」。

「 Into The Wild 」の題で映画化もされたこの作品、死という結果がわかっているだけに決して後味のいい小説ではない。

しかしながらなぜかものすごく心に残る作品である。

最低限の装備だけでアラスカの荒野で自給自足の生活、自分の力だけで自然の中で生活する事への憧れ。

ネタばれしてしまうが、死因は毒草などを食べたことにより体の衰弱による餓死。

しかしながら、ネットなどで検索すると死ぬ数週間前と思われる写真があり、それを見るととても幸せそうな顔をしている。

子供のころから憧れていたであろう、ソローやジャック・ロンドン、ジョン・ミュアなどの著書を読み、知識を得て、それを実行に移した満足感なのか、ここまで自らの思いに忠実に生きる事などまずは出来ないであろう。

しかし結果的に” 死 ”という結果で終わっているのでなんとも言えないところが・・・・・・・。

最後に孤独な生活の中から出た結論なのか印象的な言葉が心に残った、「 幸福は分かちあえたものだけが、ほんものである 」。

人との接触をさけ、アラスカの荒野に入り孤独のなかから導き出した結論なのか、拒絶していた社会に少しでも戻ろうとしたかのように思えてならない。

なんだか不思議な本に出会ってしまったなぁ。

そうだ、読んでいて思いだされるのは、長尾三郎氏の書いた死の三部作と言われる三冊。

植村直己氏を書いた「 マッキンリーに死す 」、加藤保男氏の「 エベレストに死す 」、中でも22歳の若さでサハラ砂漠の横断途中で命を落とした上温湯隆の「 サハラに死す 」。

” 冒険 ”

とても憧れることばであるが当然実行に移すことはできない、だからこそこの本は印象に残るのだろうか・・・・。

2011年1月20日 (木)

ボンベイ・オリジナル・ドライジン

Cid_01110120_204717______f08bdocomo 久しぶりに見るこのボトル。

ボンベイサファイヤが人気になってしばらくして終売。

15年ぐらいは経つのだろうか?

ジンの中でも一番ボタニカルがやさしく使われていて、ジントニックを飲むときでも、スッキリと優しいジントニックを作りたいときにとても重宝していたジンです。

何年ぶりなのか、復活してました。

15年ぶりぐらいに飲むボンベイのサファイヤでないジントニック、なんだか懐かしい気分になりました。

2011年1月19日 (水)

眠い・・・・

日曜日の疲れが残っているのか月曜日からなんだか眠い。

二日ぶりに今日走ったが、ペースも遅くなんだか疲れるので4キロぐらいで止めにした。

昨日、一昨日はとってもゆっくりと休めたので疲れも取れていると思うのだが・・・・・。

今日は休まないで働けるか・・・・・・・・皆様、お待ちしております。

寒いので” ポトフ ”を作りました。

ソーセージ屋さんで頂いた脂身とたくさんの野菜でダシをとったスープでカブ、ニンジン、玉ねぎ、セロリととても美味しいベーコンで作ります。

とってもアタタマリますよ!

2011年1月18日 (火)

めいしゃんとん

” 梅山豚 ” 漢字で書くとこのような字で書くこの豚、かなり希少なモノなんです。

元々は中国での原種で一時だけ日本に輸入されたことがあったが、現在では希少なためなのか輸入禁止となってしまい、現在日本で飼われているのは、100頭余りしかいないという希少種。Cid_01110118_180841______f08bdocomo

そんな希少なメイシャントンで作られた生ハムを知り合いから分けてもらった。

早速味見、一言で言うとやさしい味わい。

脂肪のクドサは全くなく、肉そのものの味が際立つ最小限の塩加減。

生ハムと言うと果物なのかなぁ~、メロンやイチジクなど相性がいいけど季節じゃないしなぁ~。

そんなん訳でたまたまあった干し柿と合わせるとこれがナカナカ!

もちろんそのままでも美味しいですし、練馬の美味しい野菜と合わせてみても美味しいですよ。

数が少ないのでお早めに~。

フロストバイトロードレース 2

そんな訳で続き・・・・・・・・。

トイレに入り一安心、ゆっくりと用を足していると後ろから何故だか音楽が・・・・・以前の戸田のマラソンの時のダースベーダーがふと頭がよぎる・・・・当然いるわけがないのだが、音楽がはっきりと聞こえてくるとなぜか「 セブンー、セブン―、セブンー 」とウルトラセブンの曲が後ろでなっている。

恐る恐る後ろを見ると、大きな黒い影、なぜか私の後ろでバルタン星人がトイレの順番を待っていた。

なんで今度はバルタン星人なんだ?と疑問もわくが、とにかくダースベーダーに続いてバルタン星人にも負けるわけも行かないのでそそくさとレースに復帰。

向かい風が少し強いが、ペースもよく折り返しのコースを走る。

見落としていることもあるが、相変わらず10キロから距離がわからないが、時計を見ると1時間30分ほどが経っているのであと五キロぐらいかなと思って走っていると、後ろからまたもやウルトラセブンの曲が・・・・・・・。

「 セブンーーセブンセブンーセブンー、セブンセブンセブン 」

やばい、戸田に続いて今回も地球外生物に負ける訳も行かないと思いつつペースアップ。

しかしウルトラセブンの歌はどんどん私に近づいて、むなしくも私を抜き去ってゆく。

マラソンは自分との戦いだ、なんて良くいうが、出走したレース二つともダースベーダーやらバルタン星人など、地球外生物が出てくる異種格闘技だったとは知らなかった。

そんなバルタンの後ろ姿を見ながら、気を取り直してラン。

沿道の応援も増えてきて、ゴールが近いのがわかる。

ペースアップしたせいか、脚が重いのだがゴールが見えてくると元気が出てくるのが不思議。

ゴールがみえてさらに応援が増え中ゴールに向かうとゴール近くに娘たちが応援しているのが、見えてさらに元気になりスパートしてゴール。

タイムは1時間54分ぐらい。

フィニッシュ地点で記念品とバナナとドーナツをもらい娘の近くに行く「 バナナちょうだい 」と言われる。

私への声援かと思っていたのだが、レース前に「 バナナもらってきてね 」と言われたのをおもいだす。

なんだか私への応援じゃなくてバナナがほしかったようだ・・・・・・。

なんだかなにを書いているか分からなくなってきたが、無事ゴールが出来て何よりでした。

3月は初めてのフルマラソンに挑戦。

今度は地球外生物に負けないようにしなければ・・・・・・・。Cid_01110117_155438______f08bdocomo

2011年1月17日 (月)

フロストバイトロードレース 1

昨日は、横田基地内で行われた、フロストバイトロードレースのハーフマラソンに参加してきました。

Cid_01110117_154514______f08bdocomo 基地の中のレースとあって入口での身分証を提示して、腰に拳銃をさした軍人を見ながら少し緊張しながらの入場。

少し遅れて到着したので、早々と着替えアップをしようとしましたが、とにかく寒い。

フロストバイト = 凍傷、 しもやけ = とは良く言ったもんでお日様はたまに顔が出すが風が強くどんどん体温が奪われてゆく。

とにかく体を暖めなければと思い、体を動かしアップの開始。

ゆっくりと体をほぐしていると早くも15分前、トイレに行かなければと思いトイレに行くと、長蛇の列。

10分ほど並んだが、そそくさとあきらめスタート位置に行くも、当たり前だがすごい人。

レースがスタートするも人が多くて前に進めず、スタートしたのが3分後ぐらい。

まぁ、のんびり行こうとゆっくりとランの開始、風もやみだし体も温まり気持ち良くコースを走る。

米軍基地内とあって、見える景色もアメリカン。3380bbb1s

オリーブ色のトラックや格納庫、遠くに輸送機、なんだか英語でたくさん書かれた標識、余裕をもった基地内の作りに驚きながら走る。

折り返しとはいえハーフマラソンのコースを作れるってだけでもいかに大きいかが分かるが、途中ゴルフコースがあったのはさらに驚き。

そんな景色の中をしばらく走り抜けると、基地内の道路から滑走路横の道路にコースが変わる、左には16号、右は滑走路、輸送機も近くに停まっていて、ゆっくり見たくなる衝動を抑えて走る。

調子もよくマイペースで走る、給水所では基地内の人たちが水を配っており、小さなかわいい子供たちも紙コップを手渡ししてくれるので、「 アリガトッ 」「 サンキュー 」などいうのがなんだか楽しい。

そんな楽しいランなんで10キロなんてすぐに経過、トイレに行くのも忘れていたが、前方にトイレを見たので念のためにトイレ休憩。

しかしここで戸田のマラソンの悪夢が再現するとは・・・・・・

2011年1月15日 (土)

明日は米国

明日は日本の中のアメリカ、横田基地へ今期二度目のハーフマラソン。Image3601

格納庫、輸送機を見ながら滑走路など基地内を走るマラソンコース。

この日の基地内はお祭り気分で、ステーキやハンバーガーなどアメリカンな出店などもある模様。

マラソンそのものも楽しみですが基地内の日本とは違う雰囲気を味わえるのが興味津津です。

ちょいと寒そうですが、行ってきます。

2011年1月11日 (火)

鹿肉のシチュー

今日もたっぷり練馬産の朝採り野菜をご用意してますよ。

Cid_01110111_103032______f08bdocomo

あとは今日も珍しいシカ肉を分けてもらったので、これからシチューを仕込みます。

最近、定着してきたひき肉とマッシュポテトのオーブン焼き( コテージパイ )もこれから仕込み予定。

で、ひき肉買うの忘れた・・・・・さて仕込みは間に合うのか・・・・・。

そんな慌ただしい休み明けですが今週もよろしくです。

2011年1月 8日 (土)

富士山

早いねぇ~、一年が始まったと思ったらもう一週間が終わッてしまった。

こんな感じで、もう一か月が経っちゃったよとか言いながら、春が来て、夏が来て、秋が来て・・・・・・、ちょいと早すぎるか。

さて、今年も年明けからジョギングをして、数十年振りに自分の実家の近くを走ったんだけど、思い出のたくさんある街だけあって、なかなか楽しいジョグでした。

中学の頃、友達と夜集まって走っていた上高田グラウンド。

30年近くたって走るとこんな短い距離を走ってたんだって驚いたけど、走るってより夜に家を出て友達に会うのが楽しかったんだろうなぁ。

他にも中学校周辺、陸上の練習で走らされたつらかった急な坂、セミやザリガニを捕まえにいってた哲学堂、よく盗んで食べたザクロやびわの木、川沿いを走っていて、親父と散歩しに来たことを突然思い出したり、走り抜けるたびに、いろんな記憶がよみがえったり、たくさんの人が頭に浮かぶのがなんだか楽しい。

なんだが、新年早々ノスタルジックになったりしてたんだけど、一時間ほど走ってそろそろ帰ろうかなぁと思って走っていた中野刑務所跡地。

小さい頃、刑務所のとても高い塀がなんだか恐ろしかったなぁなど思い出しながら走っていたら、突然視界に富士山が。

こんなところからも富士山が見えるんだぁと、感動しながら富士山を見て元気をもらう。

しかし街ってのは変わってゆくもんだけど、全く変わらない場所があったり、建物があったりするのが、なんだか楽しかったなぁ。

大人の階段の~ぼる~、きみはまだ~シンデレラさっ!

2011年1月 7日 (金)

寒い!

寒いっ!とにかく寒い。

バイク乗りにはつらい時期である。

防寒グローブをつけても、爪が痛い。

しっかりとした、防寒ウエアを着ているのだが、古くなってきたせいか、隙間風が胸元にはいり込みさむい。

私の寒さとは逆にエンジンが好調なが気持ちがよいのだが・・・・・。

さて、寒いのでホットカクテルなどで温まってくださいませ。

・ 自家製ジンジャージュースを使った” ホットジンジャー ”

・ アーモンド、干しブドウ、ハーブを入れた” スウェーデン風ホットワイン ”

・ ラプサンスーチョンにラフロイグを入れた” ラフロイグのホットカクテル ”

・ フルーツリキュールに温かい紅茶を加えたホットカクテル。

・ スパイスを利かせた” ホット・ブラッディーマリー ”

などなど、ほかにもホットミルクにベイリーズを加えてみたり、シャルトリューズのお湯割りなどなど、怪しいホットもあるので、温まってください。

しかしホント寒いねぇ~、さーて今日も頑張りましょう!

寒い!

寒いっ!とにかく寒い。

バイク乗りにはつらい時期である。

防寒グローブをつけても、爪が痛い。

しっかりとした、防寒ウエアを着ているのだが、古くなってきたせいか、隙間風が胸元にはいり込みさむい。

私の寒さとは逆にエンジンが好調なが気持ちがよいのだが・・・・・。

さて、寒いのでホットカクテルなどで温まってくださいませ。

・ 自家製ジンジャージュースを使った” ホットジンジャー ”

・ アーモンド、干しブドウ、ハーブを入れた” スウェーデン風ホットワイン ”

・ ラプサンスーチョンにラフロイグを入れた” ラフロイグのホットカクテル ”

・ フルーツリキュールに温かい紅茶を加えたホットカクテル。

・ スパイスを利かせた” ホット・ブラッディーマリー ”

などなど、ほかにもホットミルクにベイリーズを加えてみたり、シャルトリューズのお湯割りなどなど、怪しいホットもあるので、温まってください。

しかしホント寒いねぇ~、さーて今日も頑張りましょう!

2011年1月 4日 (火)

2011年の始まりです。

新年おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年も気持ち良く晴れ渡った元旦、「 一年の計は元旦にあり 」などと言いますが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

そういう私は、31日の店の掃除のあと”チョイと一杯”のつもりが二件、三件になり、気持ち良く晴れた元旦の空とは対照的な始まりになってしまい、新年早々、反省から始まった2011年でした。

さて、年末はお世話になった方やお店に挨拶に行くとあんまり明るい話題がありませんでしたが、2011年は明るい年にしたいものです。

幸い、年明けの新聞などを読んでいると、今年の後半ごろから景気が良くなると予想している人が多く、なんだか良い年になりそうなのではと楽観しております。

まぁ、とにかく昨年同様楽しくお酒が飲めますよう、今年ものんびりと行きましょう!

そんな訳で、本年も” STILL ”をよろしくお願いいたします。

BAR  STILL   小林康雄

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »