フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

虹?

Cid_01110531_140228______f08bdocomo ジョギングの途中、ふと空を見上げると虹が出ていたので、カシャリッ。

なんかいいことあるかなぁ~。

2011年5月28日 (土)

活字と自活

土曜日で雨、今日はとても良い読書日よりになりそうである・・・・。

あんまりノンビリしすぎてもイケないが、ハリキリ過ぎるのも疲れてしまう。

程よく肩の力が抜けた生活というのがきっといいような気がする。51kr19tzl__sl500_aa300_

そんなのんびりとした気持ちにさせてくれる本がこの「 活字と自活 」 荻原魚雷著。

本を読み、酒を飲み、街をぶらりとして毎日を過ごす。

そんな毎日を過ごしているように思える著者のエッセイ。

でもそんなに現実は甘くはなく、買った本やCDを売って生計を立てる事も、生活してゆく難しさなど読んできた作家の御言葉もたくさん載せられていおり、前回の「 古本暮らし 」と同様にこの一冊を読むだけで何冊もの本を読んだ気になるのも嬉しい。

私なりに気に入った文章があったのでいくつか書き上げてみたい。

「 この頃はひどくくたびれて、仕事が余りしたくなくなる。

それを無理にすると、もっとくたびれてウイスキーをのんでそのくたびれを忘れることになる。

しかしそのウイスキーをのみすぎて、次の日は今度はウイスキーのくたびれで、次の日の仕事が余りしたくなる。

が、それはしなくては済まぬので無理にやる。

するとくたびれて、ウイスキーを、とまあこんなことで、仕事とウイスキーと読書と電話がまだらになっているような日々がつづいていると、全くがっかりする。 」 

ー  狸ばやし  富士正晴  -

著者もウイスキーは疲れをとってくれる気がすると書いてあるのだが私もそう思う。

そもそも度数の強い酒全般に疲れをとる作用があると思う、きっとアルコールによる麻痺であるような気もしないこともないが、まぁそれはそれで良いとしても、私も確実に次の日は酒によるくたびれが残っている・・・・・・。

「 私はまだ酒の味は実のところよくわからない、味を好むよりは酔いを好む方だからである 」 

ー 酒味酒菜 草野心平 -

とても深い言葉である。

酒の香りを聞いて、味わい、時間を過ごす、そんな飲み方が常に出来るような人になりたいと思っているのだが、杯を重ねるたびに・・・・・・・・・・・まったくである・・・・・・。

最後は文末に乗っていた著者の文章。

「 好きな仕事に就くよりも自分のやっている仕事を好きになるほうが簡単である 」

2011年5月27日 (金)

ちょんまげぷりん

513a2gc8sdl__sl500_aa300_ 最近流行りなのか、” JIN ”と同じタイムスリップ物の「 ちょんまげぷりん 」 荒木源著

発想がすごい、徳川の時代から訳もわからず現代にタイムスリップしてきたサムライの安兵衛がパティシエになるというとんでもない設定。

しかしこれが面白い。

ちょっと都合が良すぎるのでは?ってとこもありますが楽しいのであっという間に読めてしまう。

しかも、根は固い武士だけあって、悪いことは悪いとはっきりという。

少しぐらいはいいのではってとこも、筋を通すところがまたいい。

男はこうでなくては、と思わせられるのもまたいい。

冷やしトマト

Cid_01110527_175459______f08bdocomo そろそろ営業時間だなぁ・・・と思っていると酒屋さんが営業にきた。

四種類のウイスキーを持ってきて試飲をする。

私の生まれ年のインプレッシブカスク・ブナハーブン1969が異常に美味しい。

早速、購入と言いたいとこでしたが、今回は我慢。

代わりというわけではないが、アランのザ・ウェスティー1998を購入。

シェリーの味わいが出ているせいか、甘みが強く柔らか、アランらしさの麦っぽさも残しかすかにオイリーさと焦げくささが心地よい。

ラベルも犬の写真でかわいらしい。

さて、冷やしトマトが美味しい。

大量に作ったのだが、昨日が暇だったので今日はしっかりと出さなければ。

Cid_01110527_185226______f08bdocomo 沸騰させた湯の中に塩、コショウで味付けし、昆布をいれ、湯むきしたトマトを入れ冷やしたら出来上がり。

バジルがあれば少し載せると見た目にも爽やか。

さーて、今日はどうかなぁ~・・・・・・・・。、

2011年5月24日 (火)

夏野菜

昨日の朝、息子を保育園に送りに行ったあと、畑の横の無人販売所に行くと立派なズッキニーニが売っていたので、ラタトゥユを作った。

ラタトゥユは一晩おいたほうが美味しくなる気がする。

今日、いつもの野菜の直売所へ行くとバジルがでていた。

良いタイミングである。

キャベツはものすごく大きなものが並び、トマト、キュウリなどが並び始めた。

今日は、トマトを昆布だしに漬けた冷やしトマトとコールスローを作る予定。

昨日は、嫌な雨で暇な一日・・・・・・さーて、本日も頑張りましょう!

夏野菜

2011年5月21日 (土)

新宿を過ぎると警官の数が恐ろしく増えた。

四谷では物々しい検問をしているので、なんだ?と思うと、サミットで、韓国と中国のエライヒトが来てるのを思い出す。

そういえばスーパーのサミットってサミットが開催されると安くなるって言っていたのを思い出す・・・・本当かなぁ~。

そんなクダラナイ事を考えながら赤坂につくとものすごい警官の数である。Cid_01110521_180422______f08bdocomo

バイクの駐車場の前で、日の丸を持った人たちが拡声器でなんだか叫びまわっているのを警官たちが囲んでいる。

もう少し邪魔にならない広いところでやってもらいたいなぁと思いつつ駐車場の前で待っていると警官に睨まれた、駐車場に入るのに待っていただけなのになぁ~と思いながら入庫。

そんな土曜日の始まりです。

さーて今日も頑張るぞっ、と思うけど土曜日ですから・・・・・・・。

一足早く今週もお世話にナリマシタ。

来週も頑張りましょう!

2011年5月14日 (土)

大使館

昨日、ベルギー大使館に行った。

ベルギービールの死因ではなく、試飲&セミナーが小西酒造さんの主催で行われていた。

なかなか大使館など入れないので少し楽しみにしていた。

高い塀に囲まれた、日本国内にある治外法権の土地なのかな?など考えていったのだが、最近立て直したばかりのようで、近代的な普通のビルであったのが少し残念であった。News69_vew

さて、簡単な挨拶から始まりセミナーに入ったのだが、普通のセミナー等であると、商品説明、歴史など、HPや本を読めばすぐわかる当たり前の事に時間を費やすことが多いのだが、今回はどのようにしてベルギービールを使い売り上げを伸ばすかなどの提案などもあり、通常のセミナーとは一味違うのが面白く、ビールという事もありベルギー料理のしっかりとしたツマミを食べながらの試飲もあり非常に楽しめた。

そろそろビールが、より美味しくなる季節にもなるので、新しいビールでも増やすのでお楽しみに。

まずは「 ヴェデット 」。

いわゆるホワイトビールというもので、小麦を使い、コリアンダー( パクチーの種子 )、オレンジピールを漬けこんだ夏にピッタリの爽やかなビールです。

2011年5月10日 (火)

練馬金子ゴールデンビール

” 金子ゴールデン ”突然言われてもなんのことかわからないと思いますが、これって日本で初めて作られたビールの麦の品種の名前なんです。

明治33年( 1900年 )金子丑五郎氏が練馬区で作ったのが最初と言われている。

その麦を使って作られたビールが発売された。Cid_01110510_184856______f08bdocomo

それが「 練馬金子ゴールデンビール 」なんです。

このビール、平成15年から復活させるプランがあがり、いろいろの試行錯誤の上、今年初めて作られました。

私が、このビールを知ったのが3年ほど前、たまたまビールについて調べていたら、金子ゴールデンに行きつき、調べてみると、ちょうど種麦を育てているところでした。

JAさんに連絡すると親切にいろいろと教えてくれて、麦踏や、刈り取りの体験をさせてくれたりしたこともあり、チョット思い入れのあるビールです。

http://barstill.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-4403.html

私の住む練馬はダイコンやキャベツだけではないのです。

練馬の野菜をツマミのどーぞ!

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »