フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

その女アレックス

Arekkusu


昨年のこのミスなど賞を独占した「その女アレックス」

ピエール・ルメートル著

お客様に熱い薦めで読んでみたが久しぶりに一気に読んでしまった。

主人公のアレックスは突然誘拐され監禁、身体を満足に動かせないくらい小さな木箱に入れられ、天井からつるされる。

しかも箱にはネズミの餌が置かれ油断をすると何匹ものネズミに襲われうる状況。

犯人はなんの為に監禁したのか?

警察の捜査の結果犯人を突き止めるが逮捕寸前に車に魅かれて死亡・・・・・・・・

時間は刻々と過ぎて行くがアレックスはどこに監禁されているのか探し出せるのか!

アレックスが救出されて終わりと思ったら話は思わぬ方向へ。

ネタばれになるとおもしろくないので書かないが、とにかく先が気になり一気に読んでしまう一冊。

読み方次第で少しネタばれのヒントになってしまうが一章から三章までの構成になっており個人的には三章はかなりきつい現実を見させられるので読むのが辛かった。

このところ映画も小説もかなりどぎつい描写が多く、怖いもの見たさを超えてみたくないものを見させられている気がする。

個人によりその尺度は違うので何rとも言えないが少し行き過ぎているように思ってしまうのは私だけなのだろうか。

でもそうやって心を揺るがせられるのが小説の面白いところなんだけどね。

何故写真に二本の酒が写っているかは読んだ人にはわかるはず、答えの分かった人にはどちらか一杯サービスします。

アレックスの為に飲んであげてください。

アイラミスト

アイラミストのラベルが変わった。

Misuto


左が今までのもの真ん中が新しくなったアイラミスト、右がヘビーピートタイプ。

ラベルが変わると味が変わるとよく言われるが今回は明らかに変わっている。

色がまず濃くなっており味わいがまろやかになっていた。

しかし色があまりににも違うので製品の原材料を見ると久しぶりに見る「カラメル」の文字。

昔はよく書いてあり古いエドラダワーにもカラメル表示がしてありあのエドラダワーはとても美味しかった。

話がそれたがハードなアイラ香と刺激を求めるなら物足りない気もするが私などはストレートで飲むより炭酸で割って飲むことが多いのでまろやかになって良い気がする。

そんでもって右側のヘビーピートタイプを入れてみた。

ピートが強く出ておりアイラ香が好きな方はこちらがオススメ。

とにかくコストパフォーマンスのとても良い商品、気軽にアイラを飲みたいときにオススメの一本ですよ。

2015年2月25日 (水)

ボウモア テンペスト

フェイスブックを始めたせいかブログがすっかりご無沙汰しているが再び復活しますんでよろしくお願いいたします。

Tennpesuto


ボウモア テンペスト  55.9%

テンペストとしては五弾目のパワフルなボウモア、テンペストとはゲール語で暴風雨の意味。

香りを聞くとテンペストと付けた意味がすぐわかる。

強いピート香を感じ、海辺で香る潮の香りが後に感じる。

後にココアの甘みと残念だがアルコールの強さからか軽いビニール臭、しかしこの香りは時間とともに消えてゆく。

口に含むと樽の甘さが広がり麦の甘みと変わり、ピートの苦みなど複雑なスパイシーな味わい、竹の青っぽい感じが表れる。

後味はピートの余韻が強く、時間とともにビターチョコ、かすかなフルーツ

ボウモアはアイラの中では比較的おとなしい味わいだが、ラフロイグ、アードベッグに負けぬほどパワフルです。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »