フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2016年3月 4日 (金)

ドス・マデラス5×5PX

ドス・マデラス5×5PX

ドス・マデラス 二つの樽と言う意味のラム酒、スペインでシェリーを作る会社が送りだす樽にこだわったラム酒。
熟成年数は10年、カリブの海で潮風に当たり5年、スペインに運びシェリー樽に移し更に3年、最後の2年は20年熟成の甘みの強いペドロヒメネスの樽で後熟。
グラスに注いだ瞬間からなめし皮のような香りと甘みが広がる。
かすかにオレンジピールのような香があり香の甘みに対して口に含むと優しい上品な甘みと変わりうまみと甘みが心地よい。
軽めのシガーと合わせるととても良さそう、タバコが吸いたくなる、マラソンンも終わったことだしなどと考える・・・・・、あーーータバコ吸いたい!


2010年8月25日 (水)

サヤ

S1 新しいラム酒の入荷!

「 サヤ 12Y 」

日本人の女性の名前のようなラムですね。

以前はグアテマラで作られておりましたが、現在はトリニダードで作られているようです。

上質なリキュールのような甘さ、食後などお腹がいっぱいのときにデザート代わりに飲むといい感じです。

チョコレート?と思うような甘さの後にカカオ、オレンジ?というかアマレットのよう、舌触りがとてもよく12年熟成とは思えない熟成感。

気候の暖かいところではやはり熟成は早まるのだと実感させられます。

こう暑いとラムやテキーラが似合います。

是非ともお試しあれ!

2010年6月15日 (火)

サンテティエンヌ エクストラヴュー シングルモルトフィニッシュ

昨日の嫌な雨から一転、良い天気。

昼からジョギングしていると、雨上がりの良いかおり、雨にぬれた土の香りやアスファルトの水分が蒸発する夏の香り、雨上がりもなかなかいつもと違って良いものです。

さて、新しいラムの入荷です。

3030450_3 先日チョロリと紹介した、「 サンテティエンヌ シングルモルトフィニッシュ 」です。

2002年にサンテティエンヌで蒸留されラムをオーク樽で6年間熟成したのちスモークヘッド( アードベッグらしいです )の樽でさらにフィニッシュさせたラムです。

アグリコールラム特有のしっかりした味わいが口の中に広がったのちスモーキーな苦み香りが残る面白みの味わい。

もう一本の「 サバンナ ロンタン グラン・アローム 」も入荷です。

これからの季節はラム、テキーラがお勧めですよ。

2010年4月22日 (木)

ラムフェスタ 2010

昨日の暖かさから一転んして、今日は寒い日になってしまいましたが、日に日にあたたかくなり、これからはラムやテキーラの似合う季節になってきました。

無理のあるネタふりでしたが、今年も「 ラムフェスタ 」の季節が近づいてまいりました。French_img3

ラム酒のメッカ、フランス領マルティニーク島から島の全蒸留所が東京ビッグサイトに集まるラム酒の祭典。

一昨年から始まったこのラムフェスタ、私のような仕事関係の人たちばかりと思いきや、一般の方もたくさん来ていてビックリなんです。

ウイスキー、ブランデー程ではありませんが、ラム酒もたくさん種類が入ってくるようになり、日本ラム協会なども数年前に発足され、かなりラムも熱くなってきていることは確かです。

残念ながら有料(前売り2000円)なんではありますが、入場料がチケットになっており、そのチケットでラムが飲めるようになっている仕組みです。

しかも、ラムを広めるためのフェスティバルですから、ほとんど原価で売っているのでこの機会に、長期熟成のラムを飲むのにもいい機会なんです。

日にちは6月6日の11時から東京ビッグサイトでの開催。

ご興味ある方は、こちら⇒http://www.jisys.co.jp/docs3/pages/rumfestaへアクセスお願いいたします。

めったに飲めないラムもあるのでラム好きな方は是非どうぞ!